その他 フィールドレポート

渡良瀬川両毛漁協(桐生地区)釣行

私の住む群馬県では、利根川水系の大山女魚のシーズンとなりました。
しかしホームにしている利根川では、上流部が連日の雨模様・・。
川は増水し、決まったポイントでしか釣りが出来ない状況。
「そんな時は!」と、増水しても比較的濁りが出ない渡良瀬川へと釣行した。

この時期の渡良瀬川は「戻り山女魚」、「40cmクラスの居着き山女魚」
「山女魚の数釣り」と、楽しく遊ばせてもらえる。
両毛漁協の川、魚、自然に対しての気持ちが強く
キャッチ&リリース区間もあり、放流量も多いので魚影も濃い。

当日はやはり増水、水色はささ濁り程度。

水量が多いと放流されてから日々釣り人に叩かれ、
スレ切った山女魚も沢山の捕食ポイントができて自由に動ける様になりリセットされる。
警戒心の強い大型の居着き山女魚も一定の場所から移動し警戒心も緩む。
との私の考えだが、そこは20年通っているポイント。
過去、渡良瀬川では増水中での釣果実績もあり、気分的にも余裕が出る。

今回、私が狙いたいのは「居着き山女魚と数釣り」。
期待を込めて5時30分入川。

タックルは下記の通り。

竿:  本流竿 9m
ライン:天井糸 VARIVAS プロステージ渓流エクストリーム[ナイロン]1号
道糸: VARIVAS プロステージ渓流エクストリーム[フロロカーボン]0.8号
    ハリス VARIVAS プロステージ渓流エクストリーム[フロロカーボン]0.6号
    (道糸とハリスは流れの押しを考慮し、餌の自由浮遊を妨げない様にスイベルを使用、クリンチノットで結束)
目印: VARIVAS みえる目印 グリーン×2、オレンジ×2
オモリ:VARIVAS スーパーエコオモリ 4B、3B、2B
ハリ: GRAN サクラマス・サツキマス 1号
餌:  キジ2匹掛け

水温は思いのほか高く15℃。
増水で川虫を捕る事ができずキジを使用したが、できればクロカワ虫が良い。

幸先良く開始10投目程で9寸の山女魚。
増水して広い流れの中に出来た緩い流れの中から顔を出した。


2匹目と続き、3匹目は水深2m程の底石のキワから出た30.5cm。

VARIVAS プロステージ渓流エクストリーム[フロロカーボン]の感度、
GRAN サクラマス・サツキマス 1号のハリ掛かりの良さともに長竿とのバランスが良く
9時までに5匹を手にし、嬉しい釣行となった。


 
増水時の釣行は危険を伴うので河川の下調べが最も重要。
無理をしない釣行を心掛けたい。

< その他 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ