バス フィールドレポート

フィネスによるアフタースポーンリザーバー攻略

地元静岡の小規模リザーバーに釣行してきました。5月も後半になり、スポーニングも一段落。産卵行動によりバスもお疲れ気味で、例年やや難しくなる時期でもあります。

晴天続きだったため、水質はかなりクリアアップし、透明度が高くなっていました。当日も快晴無風の日曜日ということで、ボートも多く苦戦の予感。朝一はスピナーベイトでスピーディに探っていきますが、ショートバイトが何回か得られたもののヒットには結び付きません。日がすっかり昇るとスピナーベイトへの反応が途絶えてしまい、ここで一気に釣りをスローダウン。ショートバイトのあったエリアを中心にじっくり攻めなおすことにしました。

まずはベイトフィネスタックルのヘビダンで立木周りを狙います。Nogales フッキングマスター リングオフセットNogales スルーダウンショットリーダー 20cmをセットし、シンカーはNogales TGグレネードシンカー クイックチェンジャー 3.5~5gを使用しましたこのリグは、パーツをカチッとハメるだけでリグを作れるお手軽さが魅力。それに加えて、スルーダウンショットリーダーのライン部分が太目で張りがあるので、ワーム本体やストラクチャーなどにリーダーがまとわりついてしまうトラブルが極端に少なく、テンポの良い釣りを可能にしてくれます。ワームを色々とローテーションしていくと、シャッド系やピンテール系のワームのスイミングに反応が良く、ファーストフィッシュをキャッチできました。

その後もスイミングに反応が続き、バスがベイトフィッシュを強く意識していることが分かったので、アバニ ソルトウォーターフィネスPE X8 0.4号にスーパートラウトエリア マスターリミテッド ショックリーダー VSPフロロカーボン 1.2号(6lb.)をセットしたスピニングタックルで表層を中心に攻めてみることにしました。このラインセッティングは最近かなりのお気に入りで、ソルトウォーターフィネスPE X8の滑りの良さと細さを活かして、軽量なI字系ルアーやノーシンカーワームを正確にロングキャストすることができます。リーダーはカバーへのコンタクトを意識するなら6lb.、オープンウォーター中心に攻めるなら5lb.がオススメです。予想通り表層への反応は良く、ここからかなりのハイテンポでバスをキャッチしていけました。特に良かったのがピンテール系ワームのノーシンカーでしたが、ワームのシルエットが細く小さいのでフックが目立ち過ぎるとバイトが遠くなる傾向がありました。

フックを細軸、かつナローゲイプのNogales フッキングマスター リミテッドエディション ライトクラスに変更すると、ワームとの一体感が増し、バイトが非常に増えました。刺さりも抜群で、ロングキャストでのフッキングも確実にできたので快適でした。

アフターの時期、必要に応じて上手くスローダウンするのも一つの手ですね。皆さんも試してみてください。

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ