バス フィールドレポート

デッドオアアライブの新PEラインでダウンショット!

皆さん、こんにちは。フィールドテスターの柳浦です。デッドオアアライブシリーズから新発売されたPEラインは使っていただけましたか? PEラインを使用したベイトフィネスでのカバー攻略などが確立されてきていますが、私が紹介するのはライトタックルのダウンショットリグです。

まず、PEラインを使用する主な利点として…
① 飛距離が大幅UP!
② 抜群の感度!
③ 伸びがないので遠距離でも抜群のフッキング!
④ カバーに強い!…などなどです。

そしてPEをダウンショットリグにする最大の利点。「遠距離でもワームを浮かせてダウンショット本来の性能を長時間キープできる!」ということです。

図をみてもらえればわかると思いますが、PEラインはフロロカーボンやナイロンより浮力があるため水面に浮いています。ということは、底に対してのラインの角度がきつい!→ワームが底から浮いた状態で長時間アピールできる!→バイトチャンスが増える!です。足場が限られるオカッパリでのダウンショットで、まさに本領発揮だと思っています!

また、ダウンショットリグの針上にスイベルを入れることで、ダウンショットにありがちな糸ヨレを軽減できますし、何よりリーダー結束時の、わずらわしいノットをしなくてよいのがいいですね。

糸の規格も豊富で、フィネスマスター PE X4が0.3号、0.4号、0.6号、ウルトラパワーフィネス PE X8が0.8号、1号、1.2号、1.5号、2号と細かいセッティングとなってます。ご自身のフィッシングスタイルに合ったセレクトが可能。カラーはクリアーウォーターでも自然に馴染み、さらに視認性にも優れたダークグリーンとモーショングリーンのマーキングパターンです。今まで市場には、ソルト用の派手なカラーが多かったのですが、今回はバスフィッシング専用設計で素晴らしいカラーとなっており、超お気に入りです。

先ほど、飛距離が素晴らしいと書きましたが私のセッティングですと、1.8gシンカーを付け、無風ならフルキャストで40m前後は軽く飛ばせます。また、カバー攻略なら、ライトセッティングでもリーダーを5lb.や6lb.にすることで、強度がでるので試していただきたいです。

あえて問題点を挙げるとすれば・・・
① 強風時の糸ふけ処理が大変!
② スイベルまでしか巻き取れないのでキャストにコツがいる。
…くらいですね。ほぼメリットしかありません(笑)。

長距離で抜群のフッキング性能を発揮してるのはラインセレクトだけではありません。アンチラスト&ゼロフリクションのダブルコートが施してあるフッキングマスターリミテッドエディションも忘れてはいけないアイテムです! フッキングだけでなく錆びにも強いフックです!!

[タックルデータ]
ロッド: ブラックウィドウ MM62UL-S
ライン: Nogales デッド-オア-アライブ フィネスマスター PE X4 0.6号
リーダー:Nogales デッド-オア-アライブ プレミアム フィネスマスター フロロカーボン 4.5lb.
フック: Nogales フッキングマスター リミテッドエディション ライトクラス #2
ルアー: アバカスシャッド 2.8inch
シンカー:ゴブリンバット1.8g
その他: PEにシュッ!

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ