バス フィールドレポート

GWの遠賀川釣行

こんにちは、モニターの杉山です。先日、遠賀川にボート釣行してきましたので、レポートさせていただきます。



タフな状況が続いていた、春の大会時期以来の遠賀川。季節が進んだこともあり、魚の状態が好転していることを期待しての釣行でした。また、なんといっても今回試したかったのが、こちらのNewライン Nogales デッド オア アライブ タフレックス ナイロンを使用した巻きの釣り。



スピニングタックルに5lb.、ベイトタックルに8LB.と14LB.をセットしました。普段から、巻物にはカーボンロッド+ナイロンラインという選択をしていますが、今回のNogales デッド オア アライブ タフレックスは使用感の良さに軽い感動さえしてしまっている次第です。今回メインで使用したのが5gくらいのスモールシャッドプラグだったのですが、自分の場合、このようなルアーは通常3~3.5LB.のフロロカーボンラインを選択しています。とにかく軽いルアーを遠くに飛ばすことが最優先ですので、限界までラインを細くしたいが、できるかぎり強度も欲しいという理由で選んでいます。いわばキャスティングの使用感を満たすため、ギリギリの強度を保ったラインを我慢して使っているという感じです。

今回スピニングタックルにセットしたデッド オア アライブ タフレックス 5LB.は、まさに3lb.のフロロカーボンラインと同等以上の使用感で、ストレスなく快適にキャスト~リトリーブを行うことができました。しかし強度は5LB.あるので、魚がかかった時の安心感は3~3.5LB.のフロロカーボンラインと比べて雲泥の差があります。今まで4LB.以下のラインでスモールプラグの釣りをされていた方には、ぜひともおススメしたいセッティングです。ライン性能の進化で、タックルセッティングのバランスが大幅に向上するのは、アングラーとして本当にうれしい限り。ほぼ終日メインに投げましたが、ノントラブル・ストレスフリーで、ラインブレイクもなしでした。

この日はメインにシャローフラットを小型シャッドで広範囲に釣っていき、カバー周りのスポットではダイレクションジグ 3.5g+アバカスシャッドでやや丁寧に釣り、さらにマンメイドストラクチャー周りはヘビーダウンショットをテンポよく撃っていくという釣りも成立し、10数尾をキャッチし久しぶりに数釣りを楽しむことができました。

スモールシャッドプラグのフックはノガレストリプルフックに換装済。その刺さりの良さも数を伸ばすことに貢献してくれました。



中にはすっかりアフターから回復した魚もいて、サイズ以上の引きを楽しませてくれました。





これからますます巻きの釣りが有効になっていく季節ですので、ぜひともデッド オア アライブ タフレックスの使用感を体感していただければと思います。


[使用タックル 1]
ロッド:ブラックウィドウ BWS-TS66L-T Trick Shakey
ライン:Nogales デッド オア アライブ タフレックス ナイロン 5LB.
ルアー:スモールシャッドプラグ 4.9g
フック:Nogales ゼロフリクション トリプルフック #8

[使用タックル 2]
ロッド:ブラックウィドウ BWC-MF65L-T Multi Finess
ライン:Nogales デッド オア アライブ プレミアム パワースタウト フロロカーボン 8LB. OVER.
ルアー:ダイレクションジグ 3.5g + アバカスシャッド 2.8inch

[使用タックル 3]
ロッド:ブラックウィドウ BWC-FS64UL-S Finess Sensor
ライン:Nogales デッド オア アライブ プレミアム フィネスマスター フロロカーボン 5.5LB. OVER.
ルアー:シャッドテールワーム
フック:Nogales フッキングマスター パワーベイトフィネス #2
リグ: シンカー 3.5gのダウンショットリグ

ページトップ