ナマズ フィールドレポート

デイナマズでランカー連発! キモはロングキャストアプローチ

静岡県の小河川に釣行してきました。
この川は両岸が護岸されていて、めぼしいカバーはありません。このタイプの川でデイゲームとなると、ほとんどのナマズは護岸沿いにピッタリと付き、目の前をベイトフィッシュが通るのを待っています。

こういったナマズを狙う際のキモはいくつかあります。まずルアーを通す際は、護岸ギリギリを狙うことで良い反応を得られやすく、護岸から20センチ程度ルアーが離れてしまうと極端にバイト率が低下します。
また自分の立つ足元付近は、足音や人影の影響で警戒心を抱かれてしまうことが多いので、なるべくロングキャストで自分のいる岸ギリギリ、もしくはキャストの難易度が上がりますが対岸へとアプローチしていくのが有効です。ルアーは移動距離を抑えてピンポイントでアクションを繰り返せるタイプが有利で、この日は羽根の付いたクローラー系のルアーを多用しました。

ラインはロングキャスト時に飛距離が伸び、横風等の影響を受けにくくするため、アバニ キャスティングPE SMP 3号をチョイス。これにVEPショックリーダー[ナイロン] 50lbをFGノットで結束して使用しました。私は、カバーの多いポイントを攻める際には、ナマズ マックスパワーPE[トロピカル] 5号のスナップ直結を使用していて、この二種類のラインシステムを使い分けて、快適なゲームを楽しんでいます。

この日は田植えの影響か、かなり濁りが入っていました。ナマズにルアーの存在を気付かせるために、普段よりも更にスローにアクションを加えると反応が良く、開始早々にアベレージサイズをキャッチ。


続いて対岸の小さな流れ込みにキャストし、ルアーに数回アクションを加えたところでバイト! 70cmジャストのランカーをキャッチ成功!

その後数匹の追加に成功し、さらに攻め続けていると、護岸ギリギリを通していたルアーの真下で砂煙が発生! ナマズがチェイスを始めたのが分かったので、ルアーに鋭く首振りアクションを加えると「ボフゥ!」という炸裂音と共にルアーが水中に引きずりこまれました。
フッキングの瞬間、大型であることが分かったので慎重にファイトし、無事ランディング。72cmのランカーをキャッチすることができました!!

ナマズのランカーの一つの目安となる70cmクラスを複数キャッチ!という最高の結果に満足し、この日の釣行を終わりにしました。

[使用タックル]
ロッド:フォーナイン ホワイトウルフ キャスティングシリーズ 16lb.クラス
リール:メタニウムXG ZPIフルチューン
ライン:アバニ キャスティングPE SMP 3号 + VEPショックリーダー[ナイロン]50lb.
ルアー:プップ、プップ改羽根ver.
フック:ノガレス ゼロフリクショントリプルフック #4

< ナマズ 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ