磯・堤防 東 篤夫

南伊豆 須崎のグレ

三寒四温の春らしい天気に、海も荒れたり凪だったり変化が多い。18日、西伊豆釣行計画も西の強風波で南伊豆に変更したところ、風裏の須崎で40cm級グレの快釣となった。

南伊豆須崎は下田の東に突き出た半島で、南風での荒れ以外ならどこかが風裏となる。午前5時にすさき丸渡船に到着して準備し、田中舟一船長に挨拶して乗り込んだ。

5時半過ぎに15人程を乗せて出船し、風裏の爪木崎方面に向かう。港を出た西磯は大きく波に洗われていたが、岬を超えた爪木島は波が落ちていた。


「東さん、行きましょうか」一番手の渡礁でハナレ磯の矢大臣(ヤダイジン)に2人で上がった。私が船付き低場に入り、片岡覚さん(65)は左のポイントを狙った。撒き餌はオキアミ6kgに集魚剤を加え、刺し餌は生とハードタイプ加工を使用した。磯竿1.5号に、道糸は「トリビュート磯 フロートタイプ 2.5号、バーマックス磯 ゼロハリス 2号、ハリはZeekグレ 尾長・真鯛の2号を組んだ。

コマセを入れると潮は右沖に向かって流れ、強風ながら背から追い風で仕掛けを入れ易い。ベールを上げてラインを張ると、バチンと一投目から穂先に来た。

巻き上げると30cmほどの口太グレがヒットし抜き上げる。しばらくすると「来たよー」と片岡さんにもヒットし、取り込んだのは38cmの良型だった。しかし8時過ぎになると突風が吹くようになり、ラインが巻き上げられて苦戦が続く。しかし、風の止むタイミングで仕掛けがなじむと、ポツポツと40cm弱ながら良型を追加できた。


11時ころに少し風が緩んだので、気になっていた沖のポイントを狙う。少し潮が変わって左に流れ始めると、流していたウキがゆらりと引かれ海中に消し込んだ。大きくアワセを入れるとガツンときて、キューンとラインが風に鳴る。慎重に寄せて足元に浮かせ、美しいブルーの伊豆グレ42cmを取り込んだ。

片岡さんも船付の高場に移動し沖目を狙うと、交互にヒットし大きく竿が曲がる。昼前にウキを見失っていたら、突然今までにないアタリが出た。ラインを巻き上げると途中で軽くなり、中型グレがきたが後ろにはサメの姿が… 傷跡のあるグレも回収した。何度かお約束のバラシもあったが、キーパーバッカンが一杯になったところで、定時の午後3時を待たず終了とした。釣果は35~42cmの口太グレを二人で18匹をキープして他は放流した。

お土産の30cmのジャンボカワハギも2匹でクーラーは満タンに。翌日は西伊豆の田子の雌島にて餌取のなか38〜41cmの口太グレ8匹を追加し、2日間の釣を終えた。

—————————————-
[渡船]
下田須崎 すさき丸渡船
Tel. 0558-22-9074
須崎磯 5,000円

すさき丸渡船は、昨年から親切丁寧な3代目の田中舟一船長で営業中。(下田沖磯にも渡船可)
—————————————-