磯・堤防 森 正和

憧れの磯男女群島遠征

今年は温暖化の影響か?九州各地の磯の水温が安定せず食い渋りや、場所による釣果ムラが例年になく顕著に現れています。何処の磯も難しいそう…? そんな雰囲気を脱しようと「憧れの磯・男女群島」へ夢のロクマル(60cmオーバー尾長)を求め釣行しました。

2月22日、西磯は波が高く断念。私は中之島のカベ2番に渡礁。

夕マズメを狙い早速釣りの準備に取り掛かった。まずマキエはオキアミ生3角に比重の軽い集魚剤2袋をまぜ魚を浮かせ縦の釣り(当たりが出やすい)をイメージ。付けオキアミ生 3L使用。竿は2号、道糸は「バーマックス磯 ゼロフフカセ 3号」ハリスは「ハードトップ TiNICKS 5号」をセット。ハリは「zeeKグレ 尾長 4号」を使用。ウキは風と潮が逆だったので二段ウキを使用。

遠征第一投。ドキドキしながらマキエを撒き仕掛けを入れる。例年ならキュン!!とウキが消し込まれ男女フィーバー(入れ食い)の始まりとなるはずだが、まさかの生体反応なし!! クロ釣り聖地の男女ですら食い渋りのようだ。何の当たりもないまま夜になってしまい、夜尾長の仕掛けにチェンジ。

ウキを電気ウキに替え、竿を太くし、道糸は「バーマックス磯 ストロング 10号」、ハリスも男気10号。ハリは「zeeKグレ 尾長 8号」に替え狙いはロクマル尾長一本。瀬際の割れに仕掛けを止め当たりを待った。時折強いサラシに仕掛けを弾かれるが夜尾長は瀬際狙いが私のポリシー。徹底して瀬際に仕掛けを止めることに集中。磯の割れに潮が当たり渦ができる。この渦に仕掛けを上手く潜らせることができれば!!

水中で輝くウキがキュンと走った。

掛け合わせを入れると確かな手応え強烈な引きを強靭な道具を信じ一切糸出しをせず真っ向勝負。実際夜尾長は不用意に糸を出せば敗北となる。竿の弾力に負けゆっくり浮いて来たのは間違いなくロクマル!! タモ入れも慎重に、無事にキャッチ。2020年 男女初アタリは60cmの尾長。

更なる獲物を求め仕掛けを入れるも再び沈黙の海となった。持久戦になるため、仮眠を取り朝マズメに期待。朝3時に釣り再開。やはり当たりはなし。男女に来てエサがなくならない状況に心が折れかけた。そんな時再びウキがシモった。アタリか? 半信半疑に聞き合わせを入れるともの凄い勢いで走っていく。昨夜の60cm尾長とは比べ物に成らない!! 数度の突っ込みを躱し何とか浮かしたのは立派な尾長。タモ入れもハラハラドキドキ。ゲットしたのは65cmの尾長!!

途中船の見回りで瀬替わりの誘いも断り、日中のクロを諦め夜朝の尾長に狙いを定めた。

昨夜と同じ潮回り。必ず来ると信じて当たりを待つが海は沈黙のまま。仮眠を取り最後の朝マズメに期待。昨日と同じ磯の割れの渦に仕掛けを入れると今度は竿が一気に締め込まれる豪快なアタリ。
やり取りを楽しみタモ入れしたのは何と63cmの尾長。

これでロクマル3連単!! 夢の様な時間はあっという間に過ぎ納竿となった。

私が男女に通い始めて25年余り。数は過去最低の3匹。しかしその3匹はロクマル尾長。嬉しいやら寂しいやら複雑な心境となる釣行となった。回収時に他のお客さんの釣果を聞くと、やはり場所により数型ともにムラがあるようだが、ここは「憧れの磯・男女群島」クロ釣り師を魅了してくれることに間違いはない。皆さんも安全第一で夢のロクマル・ナナマルに挑戦してみては!?

[渡船]
あじか磯釣りセンター(ブラックヘラクレス)

[タックルデータ(昼)]
道糸: バリバス バーマックス磯 [ゼロフカセ]3号 直結
リール:3000番
ウキ: 2段ウキ(3B/-3B)
ハリ: グラン zeeKグレ 尾長 4号
ロッド:2号 5m
ハリス:バリバス ハードトップ TiNICKS 5号 3m
潮受けウキゴム

[タックルデータ(夜)]
道糸: バリバス バーマックス磯[ストロング]10号 直結
リール:8000番
ガン玉:5B
ロッド:4号 5m
ウキ: 電気ウキ:5B
ハリ: グラン zeeKグレ 尾長 8号
ハリス:バリバス ハードトップ TiNICKS 10号 2m
潮受けウキゴム