磯・堤防 フィールドレポート

三重県紀北町引本浦の半夜の磯釣り

三重県 紀東磯のほとんどのエリアでは5月から半夜釣りがスタートしているが、小サバが湧いてしまい釣りにならず、荒天日も続きなかなか出船できないエリアも多かった。6月に入り紀北町引本浦の広福丸渡船の船長からラブコール「小サバもかなり少なくなって、良型尾長グレもぼちぼち釣れ出したよー、来てよー」との連絡。連絡をもらい直ぐに出掛けたが、始めに渡礁した磯はタカベ、アジで釣りにならずで、14時に磯変わり。今度は全くサシエサが取られずで何とか37cmの口太グレをゲットしてオデコだけは逃れた。



4651
一週間後リベンジ釣行として釣友三人で再び広福丸渡船を訪れた。8時に出船し、船長の勧めで私と北崎氏はまんじゅうに、猪俣氏は水道に渡礁した。釣りの準備に取り掛かる。道糸はトリビュート磯 サスペンドタイプ 2.0号、バーマックス磯 ゼロフカセ 2.5号。ハリスはバーマック磯 ゼロハリス 2号~2.5号。ハリはジークグレ尾長 Ⅱ 2号、ジークグレ 競技スレ 5~7号。オモリはスーパーエコオモリ G5~G7を使用。

8時30分に釣り開始。北崎氏はサバル向きの左側ワンコ、私は北崎氏の右側の高場に釣座をとった。前回のエサトリ地獄が脳裏に浮かびボイルオキアミのスマキからスタート。タモを置く位置を探していて、ウキから少し目を離した時、まさかの竿先が引ったくられた。


不意打ちをつかれたため先手を取られ、魚は磯際めがけて突進。重量感もかなりありなんとかやり取りを開始するも瀬ズレでラインブレイク(涙)。数投後にもアタリ。今度は余裕のやり取り。海面に浮上したのは40cm級の尾長グレ。タモを取ろうとした瞬間ハリハズレ。今日は運が無いとガッカリ。北崎氏は尾長グレの35cmをゲットしニコニコ。

潮はゆっくり左側に流れている感じで20メートル沖に潮目も発生。エサトリも鬱陶しくなく何時もの配合エサの釣りで潮目めがけてダイレクトに狙って行く。9時頃、口太グレの34cmをゲット。10時頃仕掛けの馴染みが悪いためウキを変更した。

ちょうどその時北崎氏が「来た!」と叫びながらやり取り。かなりの良型のようだが本命にしてはパワーがありすぎる感じ案の定45cmオーバーのニザダイ。底潮も動き何か良い感じだが潮流が少し複雑でなかなか仕掛けの馴染ませ方が難しい。サシエは取られたり残ったりで状況的には悪くない。

ハリスの真ん中にG7を打ち投入すると狙い的中で尾長グレの37cmをゲット。数投後に38cm口太グレを追加。直ぐ北崎氏にポイントを譲る。北崎氏はまたまた良型ニザダイ。潮が引いて来たので下に降り、北崎氏は三ツ石向きの先端で私は北崎氏の少し左側に釣座をとった。

潮流は少し前に引かれて行く感じで悪くは無い。11時頃私にヒット。本命良型のようで乱暴な引きでは無く上品な引き。ハエ根をかわしタモに収まったのは尾長グレ43.5cmに大満足。時間が早いが何とかリベンジ成功。

また直ぐ北崎氏にポイントを譲るもなんとまたニザダイ。
私は三ツ石向きで12時にサイズアップの尾長グレ45cm、12時45分に42cmを追加して大満足。潮止まりで私は昼食タイムだが北崎氏は続行するとの事。

13時15分頃釣り再開。直ぐに私にヒット。尾長グレでは無いが口太グレの40cm。北崎氏もヒット。ニザダイでの練習を十分してある為簡単に(笑)タモに収まったのは尾長グレの39cm。

14時を過ぎた頃から潮流が当て気味から右側に流れ出し た。潮流も早くなったため沢崎向に移動。
サシエサは残って来る。ウキを交換すると33cmのチャリコをゲット。北崎氏は上手く仕掛けを馴染ませて「良い感じやけど・・・」と言ったと同時にヒット。上手くハエ根を交わし口太グレ42cmをゲットするも尾長グレでないためかあまり嬉しくなさそうだ。(贅沢な話だ)

潮流は右側に流れているものの少しスピードが落ちたため2人でサバル向きに釣座をとって夕方のジアイを狙う。際を狙うと30cm口太グレ2匹ヒットするも、尾長グレの気配はなさそうだが、潮流の少しの変化を逃さず仕掛けの投入を繰り返す。北崎氏はニザダイ3連発後35cm尾長グレゲット。私もニザダイらしきバラシ後尾長グレの40cmジャストをゲットしたが後半の上げ潮は良い潮流では無く納竿の時間となった。



今回の釣行は3人共40cmオーバーグレがゲットでき、満足の行く釣行でエサトリもさほど苦にならずストレスのない釣りができた。
梅雨明け後は暑さとの戦いになるので水分補給に注意して良型尾長グレ狙いに出かけてみてはどうだろうか!

[渡船]
広福丸渡船 Tel. 090-8731-3062
[エサ・釣具]
つりエサ市場本店 Tel. 0598-74-1091

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ