磯・堤防 フィールドレポート

五島列島・福江島、沖磯の石鯛 初体験! 強烈なパワー!

先月、福岡県久留米市に在るモーリス九州営業所へ転勤と同時に『石鯛製品担当』となり、磯釣り未経験者の僕は『磯の王者!石鯛が釣れるのか!?』と、釣行の機会をとても楽しみにしていました。

それが、これほど早くやってくるとは!

工場より石鯛遠投ラインの製品サンプルが届き、営業所の近くに住まわれている柳テスターが来社され『製品テストを兼ねて、研修釣行へ行くぞ!』と、五島列島・福江島への釣行が突如決まったのです。

長崎港まで車で移動し、福江島へはフェリーで行きます。(福江島には空港もあり、飛行機の利用も可能です。)そして、福江島から渡船に乗り、釣り場である黄島(おうしま)の近くの沖磯に渡りました。

コバルトブルーとエメラルドグリーンの南国を思わせる美しい海。いよいよ初めての石鯛釣りです。

磯に乗るとすぐにタックルの準備。

『せっかくの五島列島』

石鯛だけでなくヒラスズキやアオリイカも釣りたい!と欲張りな僕は、先にこれらのタックルを用意することに。手早くシーバスロッドを継いで、ガイドにラインを通していると…

『お~い!タモを用意してっ!』

柳テスターの大きな声が聞こえました。振り返ると柳テスターの石鯛竿が大きく曲がっています!

『え??もう掛かったの?石鯛?』

と僕は半信半疑な気持ちでタモを用意。すると海面を割った魚は紛れもなく石鯛です! 柳テスターの指示に従って海面にタモを入れ、魚が入ったら一気にすくい上げます。

『重い!なかなかの大物じゃないですか‼』

柳テスター、開始早々に良型の石鯛を釣上げました。

初めて見る石鯛。まさに『磯の王者!』。 風格があり、縞模様が綺麗な魚体です。

道糸は、バーマックス石鯛 遠投 VA-Gの18号、ハリは底王 石鯛鈎 16号を使用。ゼロに迫る摩擦係数で驚異の貫通性を持ち、さらに錆びにくい新技術のフッ素コートバリ『底王 石鯛鈎』がしっかりと上顎に掛かっていました。

写真撮影が終わるとすぐに釣り再開の準備。『今のファイトでラインは激しく根ズレしているから、糸を触りながら出して、根ズレでガサガサになったところを確認したら、そこから2〜3m上で糸を切って仕掛けを結ぶんだよ』と注意点を教えていただきました。

早々に石鯛が上がったので、僕も急いで石鯛釣りのタックルを準備します。初めて使うワイヤー仕掛けに道糸を結び、ワイヤーにセットされたハリにエサを付けます。『ハリスがワイヤーって…これで食うのか?』と、少し戸惑いも。

そして、餌はカニ。キッチンバサミでカニのハサミを切り落とす『ハサミVSハサミ』。船長が片方のツメを切り落としてくれているので、安心してカニを掴めます。ハサミ、脚を切り落としたら、次は胴体を真っ二つに切り開きます。

石鯛にガシガシかじられるので、なるべく長くエサが残りヒットに繋がるよう、硬い箇所にハリを通し、自分なりに工夫します。

海中深く、岩の影に潜む石鯛の目の前にエサが流れ届くよう、潮の流れの方向、速さを計算してキャスト。

『リールのカウンターが15になるまで糸を送り込んで、エサをポイントになじませて』と、柳テスターからアドバイスをいただき、潮の流れに乗せて糸を出し、狙い定めた水深へエサを落としていきます。

『いい感じでエサが(ポイントに)入るとオモリが岩にへばりつき、エサが自然に漂って魚が食べにくるんだ』と柳テスター。石鯛釣りでも『ナチュラルドリフト』が重要なのですね。柳テスターの言う通りにキャストし、エサが『いい感じ』で入ると、本当にすぐにアタリが出ます。

ググッ!ググッ! 穂先が引っ張られ、石鯛がカニをかじっている感触が手元に伝わります。

『おおっ!これが石鯛のアタリか!力強さが伝わってきますね!』

アタリの感触だけで興奮します!

『まだアワセたらダメ。次にアタリがあったら少し糸を送り込んで』

言われる通り、ググッ!ときたら穂先を下げて糸を送り込みます。さらにグイグイ穂先が引っ張られますが『あともう少し! 我慢して待て! 一気に穂先が入るぞ!』と柳テスターから『待て』の指示。

すると…、グンッ!と力強いアタリと同時に穂先が海面に突っ込みました!

『よし!アワセい!』と柳テスターの声とともに、一気に石鯛竿を持ち上げてハリ掛かりさせます。竿が大きく曲がり、石鯛の重みと力強さが手元に伝わります!

『こ、これが石鯛のパワーか! すごい!』

グングンっ!と海中深く突っ込まれ、なかなか上がってきません。そして、ピタっと止まりラインが巻けなくなりました。

『根に入ったな! 糸をゆるめて』

石鯛は根に潜り込み、じっと耐えているようです。ラインをゆるめてしばらくすると… グン!グン!と竿が動き始めました。

『根から出たぞ! ゆっくり巻いて!』

様々な釣りを経験していますが、やはり初めての石鯛で気が焦り、ついつい早巻きになってしまいます。そして、ついに石鯛が海面を割りました!

『やったー!』

柳テスターがタモ入れしてくださり、初めての石鯛を釣上げることができました! 顔は黒く、頑丈な口。体の真ん中あたりから尾にかけて縞模様。

底王 石鯛鈎』がしっかり掛かっています。

『これが石鯛…本当に力強い引きですね!』

『そうだろう。だからたまらんのよ!』と柳テスターがニヤリと笑いひと言。

『わかります!』

石鯛釣りに魅了される石鯛師の気持ちが伝わってきました。

中学生のころ『釣りキチ三平』で石鯛釣りを知り『遠い雲の上の存在』的な石鯛を、初めての釣行で手にできるなんて、本当に嬉しい限りです。

今回の釣り場、五島列島の中で一番南に位置する福江島は、外海に面しているため他の島より石鯛が多く入りやすく、魚影が濃いそうです。また、石鯛釣りの他にルアーでヒラスズキやエギングでアオリイカも楽しめる五島列島。石鯛釣りをしながら、時々竿を置き竿にして、ミノーやメタルジグ、エギを投げる釣り人を見かけました。石鯛釣りと合わせてルアーフィッシングも楽しめますよ!

『磯の王者 石鯛』の強烈なパワーを是非、味わってみてください!

< 磯・堤防 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ