その他 フィールドレポート

タイの巨体魚釣り堀で2018年初釣り!

年末年始の休みを利用して職場関係者達とタイランドに行ってきました。

12月31日、日本から約6時間のフライトでタイに到着。そこから約2時間程陸路を走りタイのリゾート地パタヤに到着。カウントダウンはパタヤで行いました。

一度は海外でカウントダウンを迎えてみたいと前々から思っていたので、また一つ夢が叶った瞬間でした。

翌日からはバンコクに移動して観光などで遊びましたが、もちろん釣りもしてきました。今回は、何度か訪れたことのある私が釣りのエスコート役を務めます。
 
 

一ヶ所目は[PILOT 111 Fishing Pond]という日本人に大人気の釣り堀。

バンコクの中心地から約一時間程という便利な立地条件、そして多数存在する池に多種な魚が放流されています。レストランも併設されており、一日通して遊べる釣り堀です。しかも釣り代は500バーツと格安です。

ただ、観光客と地元客が連日釣りをするだけあって超ハイプレッシャー。簡単には釣れません。しかし、そこを攻略するのも楽しみ方の一つかもしれませんね。しかも、お正月休みということでさらに人が多く、いつにも増してハイプレッシャー。

それでも…


ティラピア


ジャイアントグラミー


アジアンレッドテール


バラマンディ


チャオプラヤーキャットフィッシュ

簡単ではありませんでしたが、多彩な魚種が遊んでくれました。


 
 

釣り二ヶ所目は[ブンサムランフィッシングパーク]。

10キロを超えるメコンオオナマズが沢山釣れ、世界で一番有名な釣り堀と言われています。そんなブンサムランフィッシングパークですが、昨年移転。今回は、移転した[NEW ブンサムランフィッシングパーク]に行ってまいりました。

NEW ブンサムランは移転前よりバンコク中心地から少し遠くなりましたが、設備も綺麗になりパワーアップしておりました。コンビニや釣具屋やレストランなんかも併設されていますし、レンタルタックルやガイドさんなんかも居ますので釣り道具を持っていかなくても遊べます。

今回私達はガイドを雇い、別料金で水上バンガローを借りて楽々大名フィッシングです。仕掛作り、餌作り、キャスト、全てガイドさんがやってくれます。

そして次から次へとヒットするメコンオオナマズ等をただひたすら釣り続けるって感じです。

正直単調で飽きてきそうになりますが、日本ではなかなか味わえない10キロを超える巨体魚と何度もファイトでき良い練習にもなりますし、ロッドやラインのテストなんかには最高の環境です。道具の限界そして自分の限界も知ることができますよw

こんな実戦が今後の製品作りのお役に立てれば幸いです。


ナマズ


ナマズ


ナマズ

…沢山釣りました。

ナマズに飽きたので、パーカーホという世界最大クラスの鯉を狙ってみることに。

ウキを外し、ぶっこみスタイルで狙います。

ナマズ狙いと違い全くアタリは無くなりますが、しばらく待ってるいると… ズドンとヒット!

ドキドキしながらあげてみると[レッドテールキャットフィッシュ]。

移転前の池にはいなかったのですが、移転後に放流されたみたいです。パーカーホではありませんでしたが嬉しかったです。

最後になりますが、タイへ釣行予定の方はNEW ブンサムランのチャーハンを是非食べてみてください! めっちゃうまいですよ♪


[タックルデータ]
■PILOT 111
ロッド :6.7ft
ライン :VARIVAS アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE 1.5号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー[ナイロン]35LB.
ルアー :バイブレーション、フルメタルソニック

■ブンサムランフィッシングパーク
ロッド :8.3ft GTロッド
ライン :VARIVAS アバニ キャスティングPE SMP[スーパーマックスパワー]8号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー[ナイロン]130LB.

< その他 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ