鮎 フィールドレポート

9月がハイシーズン!!

先日行なわれた全日本鮎釣りチーム選手権。VARIVASチームのリーダーとして参加させていただきましたが、私が大きく足を引っ張るかたちで惨敗。情けない気持ちでいっぱいの今日このごろ、皆さまいかがお過ごしでしょうか?(笑)

6月からスタートした鮎シーズンも残すところあと1ヶ月ほど。しかし、「本当に友釣りが楽しめるのは9月」と断言したい!! ひと昔前まで、私のホームグランドの長良川では9月に入ると終了する釣り人も多かったのですが、最近では釣期がズレているのか?シーズン後半にかけて好調となるケースが多く、10月後半まで楽しむ人が増えています。個人的にもトーナメントなどの予定がすべて終了し、のんびり鮎釣りが楽しめる時期となるため、「9月がハイシーズン」といっても良いくらいです♪ 特に、今シーズンの長良川は天然遡上が多く、これからの後半戦が非常に楽しみです。

そこで!! 今回は簡単なエリア説明と、オススメのタックルを紹介したいと思います。

長良川上流の白鳥地区は今シーズン最も魚影が濃く、良く釣れたエリアです。さすがに9月に入ると専用区も解除され、厳しくなってきますが、大きな出水がなければ魚も残るので、まだまだ数・型ともに楽しめると思います。ただし、ポイントの選択は慎重にして、石色などをチェックして入ること。

八幡地区は10月20日まで友釣り専用区があり、シーズンを通して魚影も濃く釣果は堅い。また、ココから下流の美並エリアにかけては、大型アユが潜む好ポイントが続きます。仕掛けは通常よりワンランク強いものを使用することをお勧めします。

そして、本命はやはり長良川中央漁協管内の美濃地区から関市にかけてのエリアとなります。私もシーズン後半は中央通いが続き、10月中旬に納竿を迎えるというのが例年のパターンとなっています。長良川中央エリアでは石が小さく底流れが強いポイントが多いため、私はオモリ使用を前提としたセッティングにしています。なので、トラブル軽減のため、下ツケ糸なしのワンピース仕掛けにし、さらにオモリをつける位置は撚りを入れて二重としています。ちなみに、私は中ハリスにはナイロン糸のエクセラ鮎 やなぎ・チラシハリスを使用しているのですが、ヨレたりチヂレることもなく、しなやかで扱いやすいため非常に気に入っています。


ハリはブースターにハマっていて、今シーズンは初期からずーっと使用しています(笑) キープ力はもちろんですが、見かけによらず掛かりが速いため、瀬釣りにピッタリだと思います。

[オススメタックル]
ロッド: レクシード ヴォルティス クアトロエディション 90 パワーチューン
天上糸: エクセラ鮎 天上糸 フロロカーボン 0.8~1号 3m
水中糸: エクセラ鮎 ハイブリッドメタマックス ネオ 0.08~0.125号 6m
中ハリス:エクセラ鮎 やなぎ・チラシハリス 0.8~1.2号 40cm
ハナカン:エクセラ鮎 ナチュラルハナカン 6.5mm
サカ針: エクセラ鮎 完成ウェーブサカサ フック式 (ガイドスリットフック)1号
ハリ:  エクセラ鮎 ブースター 7~7.5号 4本イカリ 他

< 鮎 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ