鮎 フィールドレポート

三重県 大内山川の鮎釣り

5月13日に早期解禁した三重県 大内山川。出だしは好調で安定釣果。

その後、渇水続きで日に日に釣り辛い状況が続いていたが、6月中旬の大雨でリセット。引き水と同時に状況はさらに上向き。下流域の阿曽地区では天然アユ主体に掛かり出した。妻と2人で11時、オトベに入川。大会のため、かなりの釣り人だったが12時には終了とのこと。駐車場がある左岸上流の分流が空いていたので、私はそこからスタート。妻は下流瀬のヒラキで。大会に参加者された方から状況を聞くと、早朝は掛かったみたいだが、10時ごろから掛かりが悪くなったらしい。

竿はレクシード VORTIS QUATTRO EDITION 90、水中糸は渇水のためエクセラ鮎 水中糸 フロロカーボン 0.15号、ハリはエクセラ鮎 完成イカリ TYPE-2 4本 6号をチョイスした。

私のポイントは水深も浅く、鏡状態のためサイトフィッシング。着きアユで追っているものは見えないが、いたるところで走り回っている。ニアミスだがすぐに18cmのオトリサイズが絡んでくれた。それをオトリにして石に沿って泳ぐ最高のスタイル。案の定、すぐに同型がヒット。その後上飛ばしで入れ掛かりに。

1時間ちょっとで13匹。そして昼食に。妻はすぐにバラシたみたいだが、その後は掛からないとのことで休憩せずに続行。

私は13時半に釣り再開。妻に状況を聞いたら、2匹釣っただけでまったくダメとのこと。私は同じポイントでスタートすることに。そろそろギラギラしてくるのかと期待するも、あまり状況が良くない感じだ。ポツポツ程度に掛かるが入れ掛かりはない。

本筋の私の後ろに入った妻は、2匹追加しただけ。良いオトリでも掛からないと悩んでいる。すこし気持ちを落ち着かせるとのことで休憩。アユはたくさん見えるが、追っているようなアユは1匹もいない。他の釣り人もそんなに竿が曲がっている様子はない。ハリの種類、サイズ、ハリハリスの長さなどをいろいろ変えてみるが、明確な答えが出ない。でも、ポツポツだが17~20cmまでの綺麗な天然アユがヒットしてくるから飽きはしない。

16時半に妻も休憩を終え、私の上流に入る。竿を9mから8.5mに変更し、水中糸も複合ラインからフロロラインへ。なんとすぐに20cmの良型が背掛かりでヒット。



それから8連荘。夕方の時合いか、アユがいたるところでハミ出している。オトリが弱っていると絡まないが、元気なオトリなら一発で触れ掛かりになる。循環の釣りの面白さでもあるが、難しさでもある。

サイトフィッシングで釣っている限りでは、追って掛かってくるアユは1匹もいない。ハリのこまめな交換や、サカバリの綺麗な打ち方など、基本に戻れといわんばかりの釣況。私は35匹で終了。妻は「もう少し」と釣り続けて最終21匹で終了した。天然アユが多く、シーズン終盤まで楽しめそうだ。

[問い合わせ]
大内山川漁協 Tel. 0598-74-0666
つりエサ市場本店 Tel. 0598-74-1091

ページトップ