鮎 フィールドレポート

長良川上流の郡上鮎を泳がせで釣る!

郡上の鮎が解禁して1か月を迎えますが、まとまった雨がなく、川は減水して垢腐り状態。さらに追い打ちをかけるように冷水病が一部で発生しましたが、6月下旬にはほぼ治まって釣果は上向き状況になってきています。今年の郡上漁協管内は、例年通りの放流量。さらに天然遡上鮎が多く遡上してきているため、梅雨明けごろにはいよいよ郡上鮎本番となってくることが予想されます。

私は2年ほど前に痛めた膝と年齢が関係して、入川する場所は足場の良い安全なポイントにするよう心がけています。まあ、静かに泳がせる釣りが基本となっています。

6月27日に入ったポイントは郡上漁協の真下の通称「イワモン」と呼ぶポイント。入川は午前9時半。

[使用タックル]
ロッド: レクシード VORTIS SP早瀬 85 ※穂先はD.T.S(ダブルテーパーソリッド)を使用
天上糸: エクセラ鮎 天上糸 エステル 0.6号
水中糸: エクセラ鮎 メタフレックス 0.05号
鼻カン回り仕掛け:エクセラ鮎 鼻カン回り仕掛け フロロカーボン 0.6号
ハリ:  エクセラ鮎 完成イカリ TYPE 2 7号 3本・4本
     エクセラ鮎 完成イカリ ダイレクト 7号 4本

上記の仕掛けで釣りを開始。オトリに鼻カンを通し、掛けバリは安心のTYPE 2 7号 4本イカリからスタート。オトリを手前のヨレの中に誘導して、1番下の目印を水面に出したり沈めたりしながら、オトリに小さな抵抗を与えて泳がせます。今年発売された水中糸は、泳がせ釣りに向けて開発された複合ラインのエクセラ鮎 メタフレックス 0.05号なので、オトリが気持ち良く斜め上流に向かってくれます。泳がせを主にしている釣り人にとっては、嬉しい水中糸といえます。2つ目のヨレにオトリが入った瞬間に目印が飛ぶ。心地よい引きを味わいながら慎重に抜く。

オトリを変えて同じ筋に向かわせ、ここでプチ入れ掛かりとなりますが、いつまでも続くはずがありません。釣り座から狙えるポイントをすべて攻め、その後少し下流に移動します。

ここは段差から落ちた流れがありますが、泳がせでも十分に狙えます。掛けバリTYPE 2 7号 3本イカリに変更。理由は「上流のトロ場より若干流れがあるので3本イカリがいいかな?」という単純な考え。これが良かったのか、このポイントでもプチ入れ掛。狭いポイントなので追いの良い鮎だけを掛け、ある程度釣ったら切り上げて、再び上流のトロ場に移動。ここで一旦昼食です。

移動してから再びTYPE 2 7号 4本に戻し良型が2匹きましたが、ともに腹掛かりだったので、ダイレクトの7号 4本イカリに変更しました。すると背掛かりが多くなり、泳がせ釣りを堪能できて午後2時に納竿。

午後3時からは岐阜県水産研究所の依頼で、郡上漁協の生鮎出荷所にて鮎の遡上調査。釣りは午後2時までしかできませんが、日々このようにして鮎釣りを楽しんでおります。この日に釣った鮎は、もちろん郡上鮎生鮎出荷所に持って行きました。特別大きな鮎はいませんでしたが、25匹ほどで1,165gでした。

***** 郡上で鮎釣りをされた場合、誰でも出荷できますので 郡上漁協にお持ちください *****
1匹からでも出荷できます。ただし、腹掛かりや色が変色したもの、20g未満の鮎は受け取れません。受け取り時間は毎日午後3時~7時まで。お盆までは増水時以外は毎日やっていますので、ぜひ郡上で「にわか職漁師」をしてみてください(笑)。

郡上での鮎釣りは名神より東海北陸自動車道 郡上八幡ICで下車

[問い合わせ]
郡上漁協
Tel. 0575-65-2562

< 鮎 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ