鮎 フィールドレポート

鮎マスターズ 北関東Ⅱ地区大会 参戦

6月25日(日) / 栃木県 那珂川 小川地区 / 小雨のち曇り / 減水

5時30分に受付開始。220人募集のところ、212人の大会参加者が集まりました。予選は7時スタート10時までの3時間で、A・B 2つのエリアに分かれての試合。小雨の降る中、ドライアーマー ショートレインジャケット VARS-10を着て臨みました。今回のジャケットは機能性が高く、フードをかぶって試合をしていたが、視界良好! 雨から体を守ってくれました。また、ベストの上から着用していましたが、貫通止水ファスナーがついており、仕掛けの取り出しもスムーズに行えて最高のパートナーとなりました。

スタート順は、受付の抽選で決定。228番で下流Bエリアとなり、ちょっと出遅れます。エリアは広いですが、先行で100人も入川すると川は大変なこと。

近年の那珂川の鮎は、初期は放流魚がメインですが、時折20cm超えの天然鮎がかかってくるため、ハリと仕掛けは大変悩みます。何とか竿を出せそうなトロ場に到着し、仕掛けをセッティング。レクシード VORTIS QUATTRO EDITION 85のロッドにエクセラ鮎 天上糸 ハイブリッドPE マーキング 0.6号をセット。この天上糸は、長さの調整をマーキングしているため、とても便利であり、雨で竿が濡れたときに絡んでも、簡単に外れるので使い勝手が良く多用しています。エクセラ鮎 ハイブリッドメタマックス ネオ 0.06号の仕掛けで、ハナカン回りはエクセラ鮎 ナチュラルハナカン パープル 6.5号にエクセラ鮎 鼻カン回り糸 エステル 0.8号。掛けバリにはエクセラ鮎 完成イカリ ブースター 7号 4本イカリをセットして鮎を送り出します。

開始15分で13cmの天然鮎をキャッチ。その後、16cm前後を3尾までは取り込みましたが、その後が続かない。それより、大勢の選手が入川したせいか、大量の青ノロや藻が流下。5分ごとにラインを掃除する始末。ハイブリットメタマックス ネオは、流下物が多少絡んでもコーティングで滑ってくれるため、張っていればキンクすることはないのですが、ハナカン回りに溜まったゴミ処理がとても面倒です。深いところでは、背が立たない岩盤のトロに入川したため、目印を3m上につけて泳がせます。

9時を過ぎたあたりから時間経過とともに鮎が跳ね始めました。そして終了30分前に群れ鮎と確信し、掛けバリにエクセラ鮎 完成イカリ ダイレクト 6.5号 4本イカリをセット。ナチュラルに泳がせ、9cm(対象外)と14cmを2尾キャッチ。

オトリ込み7尾で検量へ。予選検量結果が発表され、ブロック大会出場決定戦2回戦へ進出できるのはAブロック5尾、Bブロック7尾。Bブロックの私はギリギリで通過することができました。

雨も上がり、時折陽がさす天候へ。気温も上がってきました。2回戦は正午から2時間の試合。全エリアを使います。人数は少ないですが、予選で釣れていた場所には人が集中。

私は少し浅いトロ場に立ちこみ、釣りを開始しました。しかし、ゴミの流下が止まないことに加え、時々木の枝や草なども流れてくるように。「どうなっているのだ? 」 枝ではさすがメタマックスでも厳しく、エクセラ鮎 水中糸 フロロカーボン 0.2号に張替えます。すると、いきなり天然の18cm。その後30分で5尾を掛け、「上向きになった」と思った矢先、ピタリとアタリが止まる。追われているのに掛からない状況です。

20分後に「ドン」とした手ごたえ。根掛りと思って竿を立てた瞬間、川下へ魚が走る。「うそ~、試合中なのに~」、これはヤバイと思って、自分も下りながら竿の胴に乗せて我慢していたら、なんとか魚を止めることができました。しかし、この状況をどうする。上竿にし、近くに寄せようとしますが、何度も走りを繰り返されます。ようやく魚が見え、60cmを超えるニゴイを確認。仕掛けを切って試合に戻る方法も考えましたが、ここまで5分以上も格闘して、いまさらオトリをロストするのも悔しい。

ゆっくり魚とやり取りし、10分を過ぎたころにニゴイも疲れてきた様子となり、なんとかオトリを回収することに成功。10数分の格闘となり、大変な時間ロスと疲労で身体はクタクタでしたが、遠くで観戦していたギャラリーの方々から拍手をいただきました(通常、この場合はポイントを荒らしたり、竿を折る心配から仕掛けを切るのが正しいと思います…)。この大きさのニゴイを釣り上げたのは初めてでしたが、VORTIS QUATTRO EDITIONとエクセラ鮎 水中糸 フロロカーボン 0.2号に助けられました。

その後、残り40分で21cm3匹を含め、5尾を追加することに成功(ニゴイを退治したおかげ?)。そして試合終了の時間となる。オトリ込みの12尾。

結果発表で3位となり、東日本ブロックに出場できる資格をいただきました。今回はゴミにニゴイにと散々な目に遭いましたが、VARIVAS エクセラシリーズの仕掛け、竿に助けられた大会となりました。

[使用タックル]
ロッド:  レクシード VORTIS QUATTRO EDITION 85
天上糸:  エクセラ鮎 天上糸 ハイブリッドPE マーキング 0.6号
水中糸:  エクセラ鮎 ハイブリッドメタマックス ネオ 0.06号
      エクセラ鮎 水中糸 フロロカーボン 0.2号
ツケ糸:  エクセラ鮎 ツケ糸 フロロカーボン 0.3号 / 0.4号
ハナカン: エクセラ鮎 ナチュラルハナカン パープル 6.5号
ハナカン回り糸:エクセラ鮎 鼻カン回り糸 エステル 0.8号
      エクセラ鮎 鼻カン編付け糸 プレミアムPE 0.3号
サカサハリ:エクセラ鮎 完成ウェーブサカサ フック式(ガイドスリットフック)
掛けハリ: エクセラ鮎 完成イカリ ブースター 7号 4本イカリ
      エクセラ鮎 完成イカリ ダイレクト 6.5号 4本イカリ

ページトップ