鮎 フィールドレポート

板取川上流漁協管内へ釣行

2017年6月18日(日)に、クラブAAAのメンバーと解禁2週間後の板取川上流漁協管内、板取川中桐地区へ釣行した。

当日の天候は晴れ、風少々。水量は20cm以上の渇水。さらにアカ腐れによってアユの状況は非常に厳しく、瀬では釣果が伸びず。トロ場での泳がせ釣りの方がよい。


群れ鮎をいかに攻略できるか。ここで私に大きな力となってくれたのが、今季発売されたエクセラ鮎 メタフレックス。比重が3.5とメタルラインとしては軽く、細さに強度を備えているため、オトリもスイスイとポイントに誘導できる。当日は風が吹く中、葉っぱも時より流れてくる状況だが、このラインさえあれば気にすることなく集中できる。

鮎の大きさは、15~19cm。時折、綺麗な野鮎が激しく目印を飛ばしてくれる。

釣果は午前3時間、午後3時間の計6時間で20匹前後。飛び抜けた釣果は出なかったが、野鮎の姿は多く確認できる。適度の雨量がほしいところだ。


帰りには濡れたタイツやタビなどを、VARIVAS ショルダータックルバッグ VABA-23に収納。車の中に広がる臭いもシャットダウン。

[使用タックル]
ロッド:  レクシード VORTIS TP 早瀬 90
天上糸:  エクセラ鮎 天上糸 ハイブリッドPE マーキング 0.6号 4m
水中糸:  エクセラ鮎 メタフレックス 0.04号 4m
上ツケ糸: エクセラ鮎 ツケ糸 フロロカーボン 0.4号 80cm
下ツケ糸: エクセラ鮎 ツケ糸 フロロカーボン 0.3号 20cm
目印:   エクセラ鮎 みえる目印 4ヵ所(グリーン / グリーン / ピンク / ライトグリーン)
ハナカン: エクセラ鮎 ナチュラルハナカン パープル 5.5号
ハナカン回り糸:エクセラ鮎 鼻カン回り糸 フロロカーボン 0.8号 25cm
ハリ:   エクセラ鮎 完成イカリ TYPE 3 6.5号 3本

< 鮎 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ