鮎 フィールドレポート

岐阜県 益田川解禁釣行

6月18日に、私の地元を流れる益田川の鮎釣りが解禁しました。



益田川は琵琶湖産の放流がメインですが、今年は琵琶湖産稚鮎の不漁が影響して放流が遅れ、川がまだできあがっていないため、解禁直後は厳しいとの前評判でした。とはいえ、地元河川の解禁となれば特別な思いもあり、心躍り早朝から川に立ちました。



当日は1日中曇りで肌寒く、水温も低めで予想以上に厳しい釣りとなり、ようやく午前10時過ぎにツ抜けできました。



それでも鮎の魚影は沢山確認でき、川底も綺麗に磨かれていたので、午後2時ごろまで粘って13~20cmを26匹釣って納竿としました。



天気の影響もあり鮎の活性が悪く、オトリのローテーションに苦労する時間が長かったのですが、比重3.5の軽い複合ライン「エクセラ鮎 メタフレックス」でオトリを弱らせずに泳がせ、次のオトリへつなぐことができました。また、活性が低い状況で、せっかくハリに触った鮎をバラすのは厳禁。本来活性が高い盛期にマッチするように開発された「エクセラ鮎 完成イカリ
ブースター
3本」は掛かりが良くキープ力もあるので、今回のような低活性時でもバレもなく確実に取り込むことができます。



最後に今後の益田川ですが、放流が遅れただけで冷水病も出ていないため鮎のコンディションは良好。さらに、放流量に対して稚鮎が小型だったため、匹数にすれば例年の倍ほどになるとのことで、川全体に鮎を確認することができます。梅雨明けごろには川もできあがり、数・型ともに大いに期待が持てるので楽しみです。

[使用タックル]
ロッド:  レクシード VORTIS QUATTRO EDITION 85
天上糸:  エクセラ鮎 天上糸 フロロカーボン 0.6号
水中糸:  エクセラ鮎 メタフレックス 0.04号
ツケ糸:  上下なし
ハナカン: エクセラ鮎 ナチュラルハナカン パープル 5.5号
ハナカン回り糸:エクセラ鮎 鼻カン回り糸 フロロカーボン 0.6号 35cm
サカサハリ:エクセラ鮎 完成ウェーブサカサ フック式(ガイドスリットフック) 1号
掛けハリ: エクセラ鮎 完成イカリ ブースター 6.5号 3本

[問い合わせ]
益田川漁業協同組合
Tel. 0576-52-1035

ページトップ