鮎 フィールドレポート

新潟県三面川、糸魚川市早川 解禁しました。

遅くなりましたが解禁になった三面川と早川へ釣行してきましたので報告いたします。

まずは三面川。
この日は朝から雨模様でおまけに海からの風が強く水明橋上に入川したものの、早々に風裏の岩沢高速橋へ移動して竿を出しました。


この日は人出も多く、既に好ポイントは釣人でいっぱい。早い昼上がりで空いた高速橋下の急瀬に入ります。仕掛けは、エクセラ鮎 完全仕掛け ハイブリッド メタマックス 0.06号、ハリはエクセラ鮎 完成イカリ[ダイレクト] 4本 7号をセット。

鮎を瀬の中に送り込みます。ガツーンというアタリとともに目印が下流へ吹っ飛びます。返し抜きでタモの中へ。ぴかぴかの18cm! 美鮎です。

ここから、連チャンが続き最大20cmを一瀬で20尾ほど釣りましたが仕掛けはトラブルなしでした。

三面川は現在前線が通過中のため増水していますが、梅雨明けには魚も多いので好釣果が期待できます!
皆様も是非とも、長い背ビレの美鮎に会いに来てください。

そして、7月1日は早川へ。

早川のメインとなる釣場は海から約1,000mほど。この日は前日からの雨により、50cmほど増水し、濁りが入り足元しか見えない状態。入川場所は最下流あと50mで海というところ! 一抱えもある大石の頭ねらいです。解禁なのに仕事で出られない若山テスターはお昼に橋の上から観戦です。

三面川のときと同じ仕掛けにハリだけエクセラ鮎 完成イカリ[ソニック]6.5号 4本イカリへ変更しアタリを待ちます。
すると、囮を2mも引きずる大きなアタリが! 引き抜いて見てみると21cmもある青みがかった美鮎!

その後も早瀬の竿を満月にしならせる鮎が続きます。夕方まで引っ張り廻されて60尾超えで納竿しました 。

今年の早川はいつもの年より2周りほど大きい鮎に育っています。
数も沢山見えていますのでこれからが楽しみですね♪

< 鮎 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ