ソルトルアー フィールドレポート

大分 ソルトゲーム釣行記

こんにちは、フィールドテスターの中島です。9月、10月の大分県内のソルトウォーター釣行を報告します。

9月11日は大分市の友人からタイラバに誘われたので、ボートに乗り大分県中部へ行きました。16時に出船したので釣り自体は16時30分頃からの2時間30程度です。

最初は10m程度の浅場から潮流でボートを流しながら釣っていき反応を探りました。どうも当たりがあるけれど乗らない魚が居る、という状況を繰り返していると釣れたのはフグ…。

友人とここはダメだと更に水深のある場所へ移動しました。次のポイントは30m程度と深くはない場所ですが、魚探に反応があります。先程と同様、潮に流しながら探って行きますが反応が薄いです。時間も18時を過ぎて来たのでタイラバをグローに変更。

そうしている内に1匹目がヒット。マダイである感触を確認しながら回収してランディングするだけになった瞬間、フックオフしてしましました。友人のタモランディングを待っておけば良かったです(苦笑)。気を取り直して釣りを再開して間もなく再びマダイがヒット、こちらは回収途中でバレてしまいました。活性は高めですが掛かりが浅い感じです。そして3匹目がヒットし無事に水面まで上げて来て、ようやくランディング成功となりました。

さらにマダイを追加しようとタイラバを投入してフォールさせていると、ラインが走り出しました。反射的にフッキングをしてファイトを開始するとマダイとは違う走りです。時間帯やベイト量を考えると青物だろうと思い、無理をしすぎないようにしながらファイトを暫く続けました。徐々に体力が落ちてきた青物を一気に回収してランディングすると、そこそこ太った個体でした。


メタルジグやジグヘッドでもそうですが、フリーフォール中の青物ヒットはよくあることなので、フォール中だからと油断しないことが大事です。青物で少々時間を取られて時合いが終了して今回の釣りを終えました。

今回使用したPEライン「VARIVAS アバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8 フルキャスト」は伸度が低く高感度、水深のある場所でも明確なバイトを伝えてくれます。また、強度も高いラインなので青物がヒットしても余裕でやり取りさせて貰えました。

[タックルデータ]
ロッド: 6.1ft ベイト・ソリッド(エバーグリーン)
リール: GENESY 150H
ルアー: タイラバ(がまかつ)
ライン: VARIVAS アバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8 フルキャスト 0.8号
リーダー:フロロ 25lb.

続いて10月13日は大分県南部へ秋のライトゲーム+αを楽しみに行きました。当日は風が少々強い日で釣り辛さはありました。日中は青物を狙いつつも時々エギング。雰囲気としてはトップというよりもメタルジグで広範囲かつ各レンジを探る方が良い感触でした。

夕方ごろに青物が連発して無事に目的の一つは達成。


青物がベイトを追って移動しまくる時期は、狙った場所へしっかりと飛距離を確保出来る「VARIVAS アバニ キャスティングPE マックスパワー」の滑らかさは素晴らしいです。ファイトでもラインを飛ばされる心配が無いので、強引なファイトとランディングも余裕で出来てしまいます。こういった釣りでの安心感はとても重要だと思っています。

もう一方のエギングは、中途半端な攻め方で日中は撃沈しました(秋イカで撃沈すると流石に凹みます)。まだまだ修行が足りません…。

そしてメインとなるライトゲームでは、「VARIVAS アジングマスター ダブルクロスPE ビビッド」を使用して風の影響を軽減させることにしました。アジング・メバリングでの繊細な釣り~強引な釣りまで守備範囲の広い名作でした。友人もベイトリールとの相性が良く気に入っているとのこと。

アジは、程良いお土産サイズが釣れてくれ、デカメバルが出やすい場所へ的確に打ち込むと狙い通りのメバル登場です。際どいコースのメバルファイトも余裕で行えるので安心して狙えます。



さらに美味しい魚、ヨコスジフエダイもヒット。メバルよりエグいファイトをしてくれるので楽しいやり取りを味わう事が出来ました。

ジグヘッド単体以外にもタングステンキャロを使い、遠投の深場から良型アジと良型ヨコスジフエダイをゴリゴリファイトで仕留めています。その際に使用したのは「VARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-spec」です。細くて強く、ライトゲームのアシストシンカーを使用するのにとても合っています。また、最近導入した「VARIVAS アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター」も同様に細く強いのでオススメです。

イカの方は、夜間に無事釣る事が出来ました(笑)。レンジがかなり下の方で、せっかちな私には少々苦痛なパターンの日でした…。レンジが下がっている時は、ファストシンキングのエギでさっと深いレンジまで落とします。組み合わせるラインは「VARIVAS アバニ ジギング パワーブレイドPE x8」です。このライン、強度が高いのは勿論ですが、実はかなり低伸度であり感度抜群です。エギングでの良型イカが来ても負けない強度と、イカからのバイトを明確に伝える能力で相性抜群です。

私の感覚ではありますが、各PEラインの伸度が高い順に上から並べると、以下のような順番になります。

・マックスパワー
・パワーブレイドPE x8
・LS8

ジギング パワーブレイドPE x8は、最も伸びのあるマックスパワーと、最も伸びの少ないLS8の中間に位置したラインです。単純に伸びが少ないラインが良い訳では無く、どの様な釣りをするのかを考えてラインを選択する事が最も重要です。

[タックルデータ①]
ロッド: 7.0ft チューブラー(エバーグリーン)
リール: ヴァンキッシュ C2000S
ルアー: ジグヘッド単体(土肥富 / ヤリエ)、ワーム(エバーグリーン)
ライン: VARIVAS アジングマスター ダブルクロスPE ビビッド 0.3号
リーダー:フロロ 7lb.

[タックルデータ②]
ロッド: 8.2ft.チューブラー(エバーグリーン)
リール: コンプレックス 2500HGS
ルアー: スプリットショット(エバーグリーン)、ジグヘッド(土肥富 / ヤリエ)、ワーム(エバーグリーン)
ライン: VARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-spec
プライマリ・リーダー:フロロ 12lb.
セカンダリ・リーダー:フロロ 7lb.

[タックルデータ③]
ロッド: 8.2ft.チューブラー(エバーグリーン)
リール: セフィア CI4 C3000HGSDH
ルアー: エギ(エバーグリーン)
ライン: VARIVAS アバニ ジギング パワーブレイドPE x8 0.6号
リーダー:フロロ 12lb.

[タックルデータ④]
ロッド: 11.0ft.チューブラー(エバーグリーン)
リール: シーゲート 4500H
ルアー: メタルジグ(エバーグリーン)
ライン: VARIVAS アバニ キャスティングPE マックスパワー 3号
リーダー:VARIVAS ショックリーダー フロロカーボン 50lb.

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ