ソルトルアー フィールドレポート

【ライトソルト】雨の中での激シャローライトゲーム

こんにちは、バリバスフィールドテスターの梅田洋樹です。今回はシャローエリアにメバリングをしに行ったのでレポートしたいと思います。

天候は生憎の雨。しかし気になるポイントなのでレインウェアを着ての釣行です。シャローと言っても水深1mとかではありません。干潮時には海水がなくなり干上がってしまうほどの激シャローエリアです。キャスト範囲の中には満潮時でもボトムが丸見えのようなシャロー。「そんな所で魚釣れるの?」っと言われることもありますし、そう思われるかも知れませんが、そんなシャローでもメバルは入ってきます。メバルだけに限らずアジやチヌなども入ってきて釣ることが出来ます。

そんな激シャローエリアでは浮くタイプのフロートでアプローチ。ラインはアバニ ライトゲーム スーパープレミアムPE 0.3号にライトゲーム ショックリーダー フロロカーボンの1.5号をメインにサブリーダーを1.2号に設定しました。

そして1投目。フロートをあまり引っ張らないように、縦に送り込みと誘い上げを繰り返し潮の流れに乗せアプローチ。すると1投目からヒット。

20cmを少し切るメバルでした。ここ数年流行っているフロートの釣りでは断然PEラインが有利です。PEラインは海水に浮きますので、必要以上にフロートを引っ張ることなく自然にアプローチすることが出来ます。そして、コンスタントにメバルをキャッチしているとメバルとは違う引きの魚がヒット。真っ暗なポイントなので魚が海面を割っても確認出来ず。抜き上げる時にもそこそこの重量感。何かと思ったら良型のアジでした。

最初はたまたまのアジかと思いましたが、同じコースを流していくとまたヒット!

まさかこの時期にこんなシャローでこんなにコンスタントにアジが釣れるとは思いませんでした。夏以降になればアジが釣れるのはわかっているのですが、この時期に釣れたことがないので驚きました。そして今度はサイズアップの…

25cmUPのアジでした。意外にメバルやアジなどのライトゲームのジャンルに入る魚達は水深1mを切るようなシャローにも入ってきてベイトを補食しています。しかもシャローの魚はサイズ以上に良く引き非常に楽しませてくれます。みなさんもリグやポイントの特徴に合わせて適材適所のライン選択で「こんな所で?」っと言うようなポイントに挑戦してみてはいかがでしょうか? 良い釣果に恵まれるかも知れませんよ(笑)。

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ