ソルトルアー フィールドレポート

夏のディープゲーム

皆さんこんにちは。ソルトウォーターテスターの横島です。

今回は近海のディープジギングをお送りします。夏のソルトウォーターゲームの代表的な魚といえば、やはりシイラやマグロでしょう。私も大好きなターゲットですが、今回はタラジギングをご紹介します。

「夏にタラ?」と思う方も多いことでしょう。実はタラは年中狙うことができるターゲットなのです。シーズンにより釣りやすい釣りにくいの差はありますが、1年を通して楽しむことができます。私が住む関東では、茨城県の北部で狙うことができ、一般的にはそこが南限と呼ばれています。

そんな北茨城のマダラジギングは水深270m~400mを狙います。したがって、ラインの操作性と高感度が求められます。そこで私は、アバニ ジギング スーパーコンダクターPE LS4を使用しています。

このラインはブレイデッドライン特有の「多少の伸び」を、特殊な製法で極限まで抑えているので、深海に送り込んだジグを思った通りに操作することができます。ディープに送り込んだジグをVARIVAS ViOLENTE ジギングモデル スロージャークスタイル VLJ-63-Lv3を駆使してアピール。また、マダラは大きな魚体の割りにアタリが非常に小さいため、僅かなアタリを確実にフッキングに持ち込む必要がありますが、そんな小さなアタリも、このスーパーコンダクターPE LS4とVARIVAS ショックリーダー フロロカーボンを組み合わせたタックルは、アングラーの手元に明確に情報を伝えてくれます。私のようなディープジギングアングラーにとっては、大きなアドバンテージとなってくれます。

そして大きな口に確実にフッキングさせるために、ロングジグにはアバニ オーシャンワークス スピードスタイル ブリ・ヒラマサ ゼロフリクション #5/0 ロングをセットし、ショートジグにはアバニ オーシャンワークス ツインアシスト ライトジグ ゼロフリクション #2/0 3cmをセットし、さまざまな状況に対応しています。

今回はエサ釣りとの同船でしたが、次々とマダラをキャッチすることができました。さまざまなゲームの中でも、タックルからの情報が大切なディープジギング。今回の釣行もバリバスタックルでターゲットを攻略することができました。皆さんも、スーパーコンダクターPE LS4をセットしてディープジギングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ