ソルトルアー フィールドレポート

宮城 ロックフィッシュ釣行

モーリスフィールドテスターの遠藤真樹です。

宮城のロックフィッシュは初夏のハイシーズンを迎えています。宮城も梅雨入りとはいえ、晴天も多いこの時期は海水温も安定。例年ですとシャローでのロックフィッシュが好調です。この日も塩釜のルアー船 アーネストの佐藤キャプテンと出港しました。



七ヶ浜沖の根回り3~4m、少し深く5~7mくらいのポイントをメインに、魚探でベイトの反応が良いところを重点的に打っていきます。ロッドは標準的な7ft前後のミディアムへビーからヘビークラス。ラインは12~14lbで、ルアーはシャッド系とホッグ系の2種類を基本とし、状況に応じてローテーションします。シンカーウェイトは、ボトムを取りやすく潮流の影響にも対応できる18g前後を選択しています。

この時期のアイナメは横の動きに敏感ですので、ルアーアクションはシャッド系のスイミングに良く反応します。ボトム付近で上を意識しているアイナメに対しては、シャッド系ワームでリグをボトムから浮かせ横の動きで狙います。ジグヘッドリグなどを使って、ロッドをシャクリ、ボトムからリグを離したら緩やかなカーブフォールを描くイメージでロッドを立てて、ラインテンションを掛けながらリグをスライドさせます。この横スライドでイワシやメロウドなどのベイトを演出し、アイナメにアタックさせるというものです。

一方で、ボトムにべったりと居着いて底のエビやカニを意識しているアイナメには、ホッグ系ワームでボトムを転がすようなイメージのアクションで狙います。ただ単にボトムを転がすだけでなく、リフト&フォールも織り交ぜながら変化を与えると、よりアイナメへのアピールが強まり、アタック率が高くなります。この2種類のリグとルアーアクションを駆使し、良型のアイナメを狙っています。



この日は凪で潮通しも良い絶好の釣り日和でしたが、アイナメの活性は低く、バイトが少なめ。バイトがあってもなかなかフックアップせず、苦戦を強いられました。海水の濁りもなく、海面表層の水温は20~21℃で、この時期の通常の水温。なぜアイナメの活性が上がらないのか、明確な理由が思い当たらないのですが、恐らくは海底での水温が表層よりも低く、アイナメの活性を下げているのではないかと推測しました。



活性が低いアイナメに、いかに口を使わせてバイトに持ち込み、フックアップさせるかを考えます。そして、よりナチュラルにベイトを演出し、バイトを誘うという戦略に切り替えて、リグをひと工夫しました。ラインをは12~14lbと細めのセッティングでしたので、シンカーウェイトを14gまで軽くして、ジグヘッドよりもナチュラルなアクションとイレギュラーなアクションの両方を演出できるスルーリグをチョイス。



大型のアイナメに対応するためにNogales フッキングマスター リングオフセット モンスターにNogales ゴブリンバット クイックチェンジャーやNogales TGグレネードシンカー クイックチェンジャーをセット。シャッド系ワームのアバカスシャッド 2.8inchで狙います。



シンカーウェイトを少し落として、ラインも少し細くするだけで、ルアーアクションがだいぶ変わり、よりナチュラルに動かすことができます。今日のようにアイナメが低活性の時に有効。ただし、この時期は大敵であるフグが高活性。ナチュラルとはいえ、スローになりすぎると、一瞬でワームを食いちぎられるので、一定以上のスピードは維持したスライド・スイミングアクションを心掛けています。

よりアクションをナチュラルにし、アイナメの捕食スイッチを刺激するように攻めていくと、狙い通りのバイト。リグとアクションが今日の状況にアジャストしていると確信し狙い続けると、しっかりと食いついてきた良型のアイナメをキャッチすることができました。



その日の海の状況、魚の状況、潮流や水温などをいち早く把握し、それに適したタックルは何か? リグは? シンカーウェイトは? アクションは? とたくさんのことを考え、戦略を組み立てて実行し、確認していく。やはり、ルアーフィッシングは戦略性の高いゲームだということを再認識させられた釣行となりました。

宮城の初夏のロックフィッシュは釣果も安定し、比較的簡単に釣れる時期ではあります。リグも今ではすっかり定番となっているブラス製シンカーのテキサスリグで、ホッグ系ワームをセットし、リフト&フォールで釣るというパターンが一般的。しかしながら、悪い状況下でも安定して釣果を出したいのであれば、もうひと工夫が必要だと思います。その日の実釣で、釣れる釣りが正解の中のひとつ。その正解を導くための引き出しがあるアングラーが、安定の釣果を出せるはずです。海の状況は毎日違います。魚の反応も違います。実釣ごとに工夫し、挑戦し、引き出しを増やしていけば、より良い成果が出せる釣りだと実感しました。



7月もロックフィッシュのシーズンは続きます。皆さんもさまざまなリグ・アクションで、ロックフィッシュハイシーズンに挑戦してみてはいかがでしょうか?

[使用タックル]
ロッド: ミディアムヘビー 6.9ft
     ヘビー 7.0ft
ライン: VARIVAS ロックフィッシュ プレミアム 14lb
     Nogales デッド-オア-アライブ フロロカーボン 12lb
リグ:  スルーリグ
フック: Nogales フッキングマスター リングオフセット モンスター #1/0・#2/0
シンカー:Nogales TGグレネードシンカー クイックチェンジャー 14g
     Nogales ゴブリンバット クイックチェンジャー 14g
ルアー: アバカスシャッド 2.8inch
偏光サングラス:VARIVAS イコール
その他: VARIVAS PEにシュッ! プロ仕様

ページトップ