ソルトルアー フィールドレポート

中深海ジギングゲーム

ソルトウォーターゲームで人気絶大の中深海ジギングですが、タックルとメソッドの発展により様々なターゲットを狙って釣ることができるようになりました。そんなジギングゲームで人気のターゲットと言えば「赤ムツ」が挙げられますが、それと同じく人気の高い中深海ジギングターゲットに「キンメダイ」があります。雑誌等にも取り上げられて増々人気のターゲットです。300m以上のディープを狙うために特別なタックルが必要では?と足踏みしているアングラーの方もいらっしゃるかと思いますが、私が愛用しているバリバスタックルで、しかも近場で狙うことができるのです。

今回は千葉県の館山よりキンメジギングへ行ってきました。タックルですが、ロッドはバリバス ヴィオレンテ スロージャークスタイル VLJ-63-Lv.3、ラインはスーパーコンダクターPE LS4の1.5号と2号を状況に応じて使い分けました。リーダーはショックリーダー[フロロカーボン]25lbをセットしてジグは300〜450gのスロー系のジグを使用して280〜320mのポイントを狙います。

当日は潮がトロリと流れる絶好の状況で面白いようにアタリが出ました。今回のエリアである房総沖は新島沖のような大型は少ないので小さなアタリを確実に捉えてフッキングさせることが重要になります。そこで真価を発揮してくれるのがスーパーコンダクター LS4とフロロカーボンリーダーの組み合わせなのです。300m以上の水深ではPEラインの感度が鈍ってくると言われていますが、このスーパーコンダクター LS4は従来のPEラインの伸度(5〜7%)を更に30%程低伸度化させ伸度4%台を実現。操作性と感度をアップし中深海ジギングの幅を広げることができました。そして、バリバス ヴィオレンテ スロージャークスタイルという操作性と感度の良さを兼ね備えたロッドとのコンビネーションで深海に潜むキンメダイを攻略しました。


今回の釣行エリアで有る房総半島は都心からのアクセスも良く釣行回数を重ねられるフィールドです。そこで必要になってくるのがタックルの耐久性能。近年、繊維を束ねる方法を採用したPEラインも出ていますが、私は耐久性重視の観点からマルチフィラメントライン(編み糸)を選択しています。編み糸の特性上たわみが出るのでディープジギングにとってデメリットとなる「伸び」が発生しますが、LS4はそのデメリットを最大限に小さくしています。「伸び」という編み糸のデメリットが減ることで、耐久性に優れるというメリットがさらに活きてきて、安心して長く使用できるラインだと考えています。


私はこのラインで様々なフィールドのディープエリアに挑戦してきました。その経験から得た信頼は大きなものです。人気の中深海ジギングゲーム、バリバスタックルを手に皆さんもお楽しみください。

< ソルトルアー 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ