menu
2022-04-22

アバニ SLJ マックスパワーPE X8

 

 

 

 

蒼井さやさんも愛用!

スーパーライトジギング(以下、SLJ)に欠かせない専用PEライン アバニSLJマックスパワーPE X8は、バリバスフィールドスタッフの蒼井さやさんも愛用。イサキはもちろん、パワフルなマダイゲームから、座布団ヒラメ、青物まで数多くのターゲットをキャッチ!

 

 

ハードコーティング仕様の理由【その1】

 

SLJにおいて、PEラインに求められる性能は、「ある程度の張り」ですと言うのは、開発を担当したバリバススタッフ。理由はラインに張りを持たせることによって、シャクリ上げた際に生じるラインの弛みを抑えて、風に流されにくくするため。結果的にジグのレスポンスも向上する。「2枚潮のときも同様に張りのあるラインが使いやすいです。」


 

 

ハードコーティング仕様の理由【その2】

 

SLJにおいて、ラインに張りがあった方が有利な点がもうひとつ存在する。SLJは0.8号クラスの細いPEラインを使用することが多い。細いラインに軽量メタルジグと、タックル自体は繊細だが、釣れるターゲットが常に小型とは限らない。時にはモンスタークラスの青物だってヒットする。「超大型魚がヒットしたときに細いラインなので、強引なファイトはできません。ドラグを出してターゲットを疲れさせてキャッチします。その際に不慮のトラブルで同船者の方とラインが絡んでしまうことも想定できます」とバリバス スタッフ談。そんなときでもPEラインに張りがあると解きやすい。トラブルを減らす効果も求めて、ライン表面にハードコーティングを施している


 

 

細くて強い、マックスパワーPE採用

 

軽量ジグを細いラインで繊細にコントロールするSLJだが、ターゲットのサイズまでは選べない。突然のモンスターがヒットしたときでも戦える直線強度は必須。仮に7kgクラスのヒラマサが突然ヒットしても戦える強度。それほどの強さを細い糸で出すためにマックスパワーPEラインを採用。バリバスはライトなセッティングでも妥協しない。

 

製品スペックなどの詳細情報はこちら

 


※製品写真および画面はイメージです。(実寸表示ではありません)
※ご覧の環境によっては、カラーなど実際と若干異なる場合がございます。
※製品の仕様は予告なく変更あるいは製造を中止する場合がございます。
※記載の価格は全てメーカー希望小売価格(税別)です。
※価格は予告なく変更する場合がございます。