ニュース   大会やイベント情報など、様々な新着情報をお伝えします。

イベント

かたしな高原 2019 VARIVAS フライフィッシングキャンプ

– 講師・文:吉田俊彦/写真:吉田知来 –
 
かたしな高原とVARIVASのコラボレーションで開催されるファミリーフライフィッシングキャンプ。全国でも珍しい手ぶらで参加できる一泊二日の初心者フライ教室は、今年で6年目を迎えました。
 

 
会場は群馬県の片品村にあるかたしな高原スキー場です。かたしな高原は尾瀬国立公園の玄関口で沼田インターから国道120号線沿で30分とアクセス良好です。
 
今年7月に行われた最新のキャンプの様子をもとにガイダンスを紹介したいと思います。また好評につき9月末にも開催されますので、かたしな高原のWebサイトをご覧ください。
 
 

自然観察してからフライタイイング
 
まずは尾瀬・かたしな周辺の山林にはどんな木が生えていて、どんな虫が今多いのかを場内の小渓流を散策しながら自然観察します。
 

 
その後フライタイイングではフック各部の名称を覚えてからファンデーションへと進みます。使用フックは安全なバーブレスです。
 

 
VARIVAS 2120WBの#10~12を使用。実釣に備えて見た目より耐久性に重きをおいたフライを作るように指導しています。
 

 
みなさん初めてのタイイングに熱中。1時間で4〜6本前後のフライが完成しました。
 

 
会心の一本ができました。本物の虫みたいでしょ。自分でもビックリ! 明日の実釣が本当に楽しみです。
使用フックはVARIVAS2120WBです。
 

 
 

広い芝生のゲレンデでキャスティング練習
 
ちょっとしたコツが解るとフライキャスティングはどんどん楽しくなります。まず理解してもらうようにしているのが「ループ」を作ること。そのためには ロッドを振り切らないでしっかりと止めることが必要になります。
 
【ステップその1】

まず私のデモンストレーションを良く見て、どうやると「ループ」が発生するのかを理解してもらうようにしています。
 
【ステップその2】

バックキャストしたラインを目で追うように指導しています。身に付けば実釣での安全につながりますね。
 
【ステップその3】

ロッド「ティップを返す」ことと、「真っ直ぐに動かす」ことだけに専念します。あら不思議、皆さん前後にループができるようになってきましたね。
 
キャスティング練習はこのように、スキー場ならではの広い芝生で行います。タックルは#5を使用します。この教室で少し長めの9フィートのロッドを使用するのは訳があるのですが、秘密の上達メソッドで力の弱い子供さんや女性の方でも短時間で楽しく「ループ」が作れるようになります。
 
 

管理釣り場で実践
 
いよいよ二日目は管理釣り場で実釣。今回は魚のコンディション抜群で定評のある管理釣り場「奥利根フィッシングパーク」での実釣となりました。かたしな高原から車で30分。まず釣り場のルールやマナーを確認します。特にリリースする場合にはキープする時以上に魚を傷つけないようにしています。
 

 
使用フライは自作のもの、ティペットは4~5Xでトラウトは十分にアタックしてきてくれます。みなさん2~3尾釣ると皆さんファイトが格段に上手くなります。
 

グッドサイズのレインボートラウトとファイト中!
 

自作フライでナイスキャッチ!
 
午前中の2時間で皆さん2〜6尾前後の釣果でした。「奥利根フィッシングパーク」はみなさんにおすすめの管理釣り場です。
 
ご参加ありがとうございました。またどこかのフィールドでお会いしましょう。

ページトップ