船 フィールドレポート

飯岡の海が赤い輝きに!

2018年も残りわずかとなり、今年最後のレポートは何にしようかと船宿の釣果欄を見ていると、飯岡の清勝丸で21日からアカムツ乗合を始めるとわかりました。1ヶ月前から外川港や飯岡港の一部の船宿も出船し好調を維持しているようです。深海のルビーと言われるアカムツならば相応しいのではないかと、12月21日に釣行したレポートです。

集合は3時半、30分以上前に港に到着。船長が到着するまでは危険なため場所取りは禁止。ルールに従って車で待機しているといつの間にか熟睡状態。目が覚めると同乗者4名が乗船し道具の準備中。慌てて道具を運び、船長の指示した右舷ミヨシの席に座り道具の準備。みなさんご迷惑をおかけしました。

竿はこの日のために購入した竿、中型の電動リールに道糸はVARIVASプレミアムPEを採用して、直線強度が35%アップした「VARIVAS 10×10船 プレミアムPE」。前夜には劣化からラインを強固に保護、長期にわたり性能を維持する「PEにシュッ!プロ仕様」を吹きかけました。仕掛けは胴突き2本と3本を併用、幹糸・ハリスともに潮色に溶け込み食いが立つグリーンハリスの「VARIVAS ハードトップ 船ハリス」を、幹糸・ハリスの接続は回転ビーズ。アカムツへのアピールは、今や定番のYAMASHITA マッシュマロボール M。



 
ルビーの鉱山までは1時間強、睡眠不足解消のためキャビンで横になりますが興奮して寝られずにポイント到着。最初は3本仕掛けを使い、ハリには船宿支給のホタルイカと持参のサバの短冊を付けて投入。


水深は225m。海底は泥質のようで着底後底を切ると「ズボッ」とオモリが抜けます。オモリを底に着けてアタリを待ち、アタリがないのでゆっくりと仕掛けを2m位上げてアタリを待ちます。アタリが無いので、再びオモリを着底させアタリを待ちます。アカムツの釣り方はこんな感じですが、アタリが多いのは着底した時が多く、右舷胴間の人と大ドモの人は早くもアタリをキャッチしてリールを巻いています。私にも誘い下げた時にアタリがありましたが、ハリ掛かりした後にしばらく暴れましたが、その後はダンマリ。先にアタリをキャッチした人は30cm超えのアカムツを取り込み、左舷トモの釣り人もアタリをキャッチした模様。私も次のアタリをキャッチしましたが、巻き上げ途中に痛恨のバラシ。仕掛けを上げてみると下バリは切られていました。

次の投入では1m超えのサメ、三投目には道糸に傷があったのか本命を掛けながら高切れ。左舷ミヨシの人も本命を釣り上げ、「釣れていないのは宇田川さんだけだね!」と船長にマイクで言われ焦りまくり。開始後1時間でやっと30cmのアカムツを釣り上げたものの、再びアタリを感知してからの高切れ。昨シーズンアカムツ釣りで使ったリールだったので、歯で擦れた場所があったのでしょう。釣行前のメンテナンス不足が悔やまれました。


リールを取り換えて釣り始めると、まだ開幕したばかりで船も少なく場所も荒れていないのか、何とアカムツの一荷。タルの中には外道のクロムツ・サバを含め鮮やかな色になりました。


船中でも好調で一荷釣りが何人もあり魚影の濃さを感じました。


私は前半2回の高切れ、数回のハリス切れやサメで不調でしたが、中盤から挽回して船中最大の41cmを釣り上げてニンマリ。


数も納竿最後の投入で規定の10尾目を釣り上げて大満足。船も11時に釣れすぎて早上がりとなり、本日の出来過ぎ釣行は終了しました。船中の釣果は5名で23~41cmが8~10尾。クロムツ・ノドクロカサゴ・サバ・サメが混じりました。私は前記したように大型アカムツ10尾と30cm級のクロムツ2尾で大満足。

前回の釣行の反省から、外道除けに捨糸を120cmと150cmにしたのが良型揃いの要因でしょうか。当日は潮の流れも緩く、底ではサメが活発で私は2本、他の人も2~6本釣り上げ、ハリスを切られたのも数回。アカムツ8尾の人もサメを6本釣り上げ仕掛けチェンジに時間が掛かったと言います。これが無かったら全員が規定数だった可能性も? 潮が流れない時はサメが活発に掛かると船長は話します。この状態でも信じられないような好釣果となったのですから、潮が流れたらどんな状態になるのでしょうか。期待は益々高まる飯岡沖のアカムツです。ただし大きな群れを作らないアカムツ、場荒れが危惧されるのでやはり早めの釣行が良いでしょう。

[タックルデータ]
竿  :舞網工房 Blue Crystal 220 P.S.
リール:シマノ 15 フォースマスター 3000
道糸 :VARIVAS 10×10船 プレミアムPE 4号 400m
幹糸 :VARIVAS ハードトップ 船ハリス 8号
ハリス:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 6号(50cm)
ハリ :ホタバリ 16号 / 赤ムツバリ 18号 2・3本仕掛け
   :ヤマシタ 5連サルカン #1/0
   :クロスビーズ L
   :ヤマシタ マシュマロボール アカムツSP M ピンク / オレンジ / イエロー
   :TOHOMURA MURA PIPE 超ケイムラ
オモリ:200号
その他:VARIVAS PEにシュッ! プロ仕様
   :VARIVAS ドライアーマー コンビネーションウインターレインスーツ VARS-07
   :VARIVAS フリース
   :VARIVAS ピンオンリール
   :VARIVAS 千鳥型ワークキャップ
   :VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
   :VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ VAL-11
   :VARIVAS ストレッチフィットローブ5 VAG-08
   :VARIVAS ヒップガード VAHG-02
   :八洲電業 Fishing CUBE 14.8V 15A バッテリー

[船 宿]
九十九里 飯岡港 清勝丸
Tel.0479-67-3866

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ