船 フィールドレポート

デカフグ爆釣!

昨年より1ヶ月早く9月に解禁した千葉県大原港のフグ釣りは、例年になく大型揃いで釣れています。平均は30cmで40cm級の超大型が混じるとなれば、10尾も釣れればフグ刺・から揚げ・フグ鍋と十分に食べられます。10月に入って釣果も上向き、船宿のHPでも「良型フグ釣り、今がチャンス中」と掲載。そこで10月12日に小笠原・秋山両氏と釣行したレポートです。

集合は早朝3時半。30分早く着いた船には早くもクーラーが。私たちは空いていた左舷の胴間に並んで座りました。出船は4時、2日前の釣果が良かったので平日なのに14名の釣り人を乗せ暗い海をポイントへ向けて出船しました。港を出ると僚船のトラブルが発生。状況を見るために沖で停泊しましたが、30分程でポイントに向け出発。

この日の道具はカットウ仕掛け。竿は専用竿、リールは小型電動リール(肩痛のため)で道糸は超感度で釣果に差が出る「VARIVAS 小船マスターPE LS4」、汚れや凍害、劣化からラインを強固に守る「PEにシュッ! プロ仕様」を吹き付けました。先糸は潮色に溶け込む「VARIVAS ハードトップ船ハリス」、カットウオモリは25号のアオヤギカラーを使用しました。

ポイントは航程45分の一の宮沖、船長は慎重に反応を探して船を操船。良い反応があったのか投入の合図が出されました。エサのアオヤギはハリにたっぷりと付けます。

水深は25m。着底後に30cm程シャクリ空合わせ。オモリを再び着底させてアタリを待ちます。フグが釣れ出したのは2流し目からで、船中でポツポツと釣れ上がったのは噂通りの大型。竿が大きく曲がり叩かれて気持ちよさそうです。私に最初に掛かったのは思いのほか軽量、水面には15cmの超小型。隣の小笠原氏も良型を釣り上げてニッコリ。

竿先に小さな「コン」とアタリ。群れを逃がさないように小さく合わせると竿が「ズシン」と根掛りしたように止まり、リールのスイッチを入れるとグングンと引き込みます。上がったのは30cm級でプリプリ太って美味しそうです。


ポツポツですがバケツのフグは増えてき、大型揃いでニンマリ。

3流し目は圧巻で、魚探に反応が写っていないのに、大型のフグがアタリを伝えます。落下中のエサを啄ばみ、アッと言う間にエサはツンツルテン。それでもラインの伸度が非常に少ない「小船マスター」のおかげで、細かいアタリを捕らえ大型フグの引きを堪能しました。時々雨が降って10月と思えない寒さでしたが、フグの食いは熱く2時間流しっぱなし。


この日はデカフグのXデーだったのか10時にはバケツはいっぱい、多い人はバケツ2杯の釣果で1時間程早く納竿しました。船中の釣果は15~38cmが14~68尾。私の釣果は15~36cmが34尾。小笠原・秋山両氏も大型フグが27尾・21尾でした。港に到着後、船長が身欠きの状態にしてくれます。あま皮を取り、血を洗い流してクーラーに入れれば下処理はOK。あとは自宅で刺身・鍋・から揚げにするだけです。


前記したように今年の大原は大型フグ揃い、船宿のHPにあるように早く来て、このデカフグ爆釣コースを堪能してください。

[タックルデータ]
竿  :シマノ リアランサー フグカットウ 155
リール:シマノ フォースマスター 400
道糸 :VARIVAS 小船マスターPE LS4 1.5号 200m
先糸 :VARIVAS ハードトップ船ハリス 5号 1m
ハリス:VARIVAS ハードトップ船ハリス 10号 11cm / 23cm(透明チューブで補強)
ハリ :F1 フグカットウ L 
オモリ:ヤマシタ ショウサイフグ 青柳カラー他 25号
その他:PEにシュッ! プロ仕様
    VARIVAS ピンオンリール
    VARIVAS ハーフメッシュキャップ VAC-49
    VARIVAS クールマックスジップシャツ 長袖 VAZS-20
    VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
    VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ VAL-11
    VARIVAS ストレッチフィットグローブ 5 VAG-08
    VARIVAS ヒップガード VAHG-02
    ヤマシタ 竿やすめ 船2
    八洲電業 Fishing CUBE 12V 5A バッテリー

[船 宿]
千葉県 大原港 利永丸
Tel. 0470-62-4601

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ