船 フィールドレポート

好調! 小湊沖のマルイカ

春一番が来てから、何故か休みのたびに南の強風が吹き釣行は全て中止。1ヶ月ほど家で悶々としていると、外房のマルイカの模様が上向いたと吉報。外房の小湊港では冬のアマダイが終期を迎えると、マルイカ釣りが始まります。開始当初は深場を狙いましたが、4月になると水温も上がり60m前後のポイントで活発に乗り始めました。そして釣行の計画を立てていると4月20日にトップで80杯超えの釣果。

そこで今がチャンスと佐藤・秋山氏を誘って2日後の22日に小湊港の小沢丸へ釣行したレポートです。マルイカ釣りはここ数年で釣り方が確立した釣りです。古くは大型のスッテとコマセ用のマダイ竿から始まり、7㎝スッテのブランコ仕掛け、小型を掛けるためにスッテも6cm・5cmと小さくなり近年では更に小型に、仕掛けもブランコから直ブラ・直結に変わりました。竿もマダイ竿から専用竿に変わり、近年ではゼロテンチョン用の竿が主流となっています。釣り方も置き竿の向こう合わせだったのが、現在は微妙な触りを目で見て掛ける釣りとなっています。

小沢丸はゆったりと釣ってもらうために定員は14名、好調な釣果を聞き付けて、この日は満員でした。船宿で料金を支払い全員が揃ったところで釣り座の抽選、我々は左舷ミヨシからの席でした。抽選後は車で港まで行き、乗船して釣り道具の準備をします。竿はゼロテンション用の竿に小型両軸リール。道糸は伸度4%で微妙なアタリを捉える小船マスターPE LS4を、リーダーは安定した直線強度と結節強度を合わせ持つハードトップ船ハリス。従来のマツヤニ成分を上回る特殊樹脂を独自配合し、擦係数を大幅にアップした「結びにシュッ!」を吹きかけFGノットで結束。そして道糸には汚れや凍害、劣化からラインを強固に保護。長期にわたり性能を維持してくれる「PEにシュッ! プロ仕様」を吹きかけます。仕掛けは6本の直結仕掛け、幹糸はハードトップ船ハリスでYSスナップRSとマルイカ直結ビーズで接続し、3.8~5cmのマルイカツノをセット、一番上はウエイトのあるツノにして仕掛けが動くようにしました。



航程は約20分の小湊沖。前日の風の影響でウネリがあり、ミヨシの釣り座は微妙なアタリが取りづらそうです。船長が最初にリサーチしたポイントは62m。船長の合図で一斉に仕掛けを投入。すると第1投から着底後にマルイカの乗りをキャッチ。竿で合わせて巻き始めると、ずっしりした重みと「グイグイ」とした引き。船中でも数人がリールを巻いています。私には22cmを頭に3点掛けでしたが、残念ながら船縁で1杯落としてキャッチ2杯。

直ブラ仕掛けで狙った秋山氏も一荷で、同様に佐藤氏もマルイカを釣り上げてニッコリ。これは前々日の好調が続いているかと思われましたが、続いての投入では乗りはなく船長は反応を探して船を旋回します。


反応を見つけた2流し目は、叩いて聞き上げた時に道糸が竿先に絡むトラブル。道糸を切断してノットを組んでいると、同乗者にシグナルがありマルイカやムギイカが上がります。早朝からマルイカの乗りはあるのですが、移動が速いのかマルイカの活性が低いのか1流し1回。そして4流し目からは反応に乗せても乗らない流しが多くなり乗っても船中で数人。時々元気なムギイカの群れにぶつかり、佐藤氏は3点掛け。

時間は刻々と過ぎていき、後半はマルイカの機嫌が直ったのかポツポツと顔を出し、ベテランは確実に数を増やしているようです。私と言えば南東の風に翻弄されて微妙なアタリが判らず、やっとアタリが判断でき連チャンで乗せたら納竿の合図。船中の釣果は15~30cmがムギイカ混じりで7~31杯。私はマルイカ10杯にムギイカ3杯。秋山・佐藤氏は10杯・8杯と惨敗でした。早朝の乗りの良い時には墨や足の着いた時も多々あり、また誘い過ぎなのか待ちの時間が短かったのか、次回に課題を残した釣行となりました。



マルイカは熱を通しても固くならないので丸煮には最高です。もちろん刺身は甘くねっとりで最高。小湊沖のマルイカはこれから更に浅場に回遊すれば、手返しも良く数が釣れるようになります。リベンジはいつ行きましょうか!

[当日のタックル]
竿   :ダイワ アナリスター マルイカ S/MH-150
リール :シマノ ソルティー・ワン HG
道糸  :VARIVAS 小船マスターPE LS4 0.8号 200m
リーダー:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 4号2m
ハリス :VARIVAS ハードトップ 船ハリス 4号 1.2m 6本ツノ仕掛け
接続  :ヤマシタ YSスナップRS・マルイカ直結ビーズ
ツノ  :ヤマシタ チビエビ 5・チビイカ 5・チビトト 4・チビエビ 3.5
     ダイワ ミッドスッテ等
オモリ :景山スピードシンカー 40・50・60号
その他 :PEにシュッ! プロ仕様
     VARIVAS 結びにシュッ!
     VARIVAS ピンオンリール
     VARIVAS クールマックスジップシャツ VAZS-20
     VARIVAS ハーフメッシュキャップ VAC-56
     VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
     VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ VAL-11
     VARIVAS ストレッチフィットグローブ 5 VAG-08
     VARIVAS ヒップガード VAHG-02

[船宿]
外房 小湊寄浦港 小沢丸
Tel. 04-7095-2428

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ