船 フィールドレポート

イワシ回遊で大ビラメ乱舞!

皆さん、あけましておめでとうございます。新年を迎え寒い日が続いていますが、初釣りには行きましたか?私は元旦から食あたりでピーピー状態、予定した2日のタチウオ釣りも急遽キャンセル。便器とお友達状態は6日の午前中まで続き、持(痔)病も復活して散々な正月となりました。

体調も戻りだし久々に釣況を見ていると、大原沖にイワシが回遊して渡りヒラメと呼ばれる大型のヒラメが釣れている模様。昨年の解禁時のレポートでも記載しましたが、この時が脂の乗った肉厚の大ビラメを釣るチャンスです。

そこで、1月13日の早朝に大原港の義之丸へ向かいました。昨年最後のレポートで車外温度を記載しましたが、今回出発時は何と-5℃。4時20分の集合時間時は0℃でしたが、当日は昨年末の釣行より過酷な釣行となりました。

私の釣り座は左舷ミヨシ、出船までの間に道具の準備をします。病み上がりなので取り敢えずノーマルタックルで狙い、型を見たらライトタックルへチェンジする予定です。ノーマルの道糸は進化したプレミアムPEを使用し、直線強度が35%アップした10×10船プレミアムPEを。ライトタックルには「タイトテンションブレイド工法」の小船マスターPE LS4を使用しました。もちろん道糸には汚れや凍害・劣化からラインを強固に保護してくれる「PEにシュッ! プロ仕様」を吹き付けました。仕掛けは「船仕掛けヒラメ」のトリプルフックを使用。予備の仕掛けは定番のハードトップ船ハリスです。

航程は約30分の太東沖。このポイントにはイワシを捕る船が操業中。船長は慎重に魚探を凝視してイワシの反応の中で投入の合図を出しました。まだ日が昇らない中、エサのマイワシの口からハリを刺して孫バリのトリプルフックは背びれ付近に打ちました。

すると1流し目から左舷大ドモの釣り人が竿を曲げ3キロ超えを釣り上げました。右舷大ドモでも2流し目に同型が上がりテンションは上がりますが何しろ寒い。思った以上に風と波があり潮回りの度に波をかぶり、手袋から出ている指は痛い、鼻水はたれ放題、膝はガタガタと震えて我慢大会のような状態でした。それでも聞き上げた竿にモタレを感じて待っていると、「ゴクゴクゴク」と食い始め一際強い「ギューン」の引き込みで竿を立てると竿は大きく曲がり、後検量2.6キロの本命が船長の差し出す網に吸い込まれました。

早々に待望の良型ヒラメを釣り上げたので、軽いオモリの使えるライトタックルにチェンジ。

オモリは50号を使用。左舷大ドモの釣り人はその後も好調で、連続して0.5キロを2枚。右舷ミヨシでもキロ級が釣れポツポツですが本命が上がります。船中ではキロ級のマトウダイが釣れたり、1mを超えるサメも釣れたり。やはりイワシが回遊するとこれを狙う魚は活性が上がるようです。

私のライトタックルにもイナダ・マトウ・マトウと連続して釣れましたが、本命からのアタリは同乗者へ。右舷胴間でも3キロ級が上がり、左舷胴間ではライトタックルを大きく曲げて4キロ弱の大物が。

船に上がるとシコイワシを吐き出しました。回遊しているイワシはマイワシではなくシコイワシです。大型のイワシは遊泳速度が速く、魚はあまり付かないようです。アタリが無くなると船はこのイワシの反応を探して潮回りをします。イワシの反応の上には僚船が竿を出していて、中にはルアーで青物を狙っている船もいます。

11時近くになると日差しも強くなり寒さは弱りましたが、同時に風も弱まり船が余り移動せずアタリも少なくなりました。アタリが無いので「ボー」としていると、突然「ギューン」とアタリが到来。ドラグはユルユル状態で何時引き込まれても良い状態で待っていたはずですが、思わずスプールを親指で抑えてしまいました。「ガクン」と竿が戻り、イワシには大きなヒラメの歯形が。

納竿間際に右舷と左舷大ドモで3キロ級の良型が上がり、最後に港前を狙ってアタリが無いので竿を納めました。釣果は0.5~3.8キロが1~4枚でオデコ無し。船中で13枚上がりましたが、2キロ超えが7枚。私はヒラメ1枚にイナダ1本、マトウダイ2枚(放流)の釣果でした。

1後半は同乗者の大型ヒラメの取り込みを羨ましく見ていただけに、次回のリベンジを計画中です。大原沖のヒラメはイワシ回遊中が大型キャッチのチェンスです。早めの釣行がよいでしょう。また2月からはライフジャケット着用が義務付けられます。安全安心を確保して楽しい釣りをしましょう。

[タックルデータ]
■ノーマル
竿:  ダイワ メタリア ヒラメ270
リール:ダイワ ミリオネア CV-Z300SF
道糸: VARIVAS 10×10船 プレミアムPE 4号200m
仕掛け:VARIVAS 船仕掛け ヒラメ トリプル ハリス8号
幹糸: VARIVAS ハードトップ 船ハリス 8号 50cm
ハリス:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 6号 100cm
ステ糸:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 4号 50cm
親バリ:GRAN GPヒラメ 17号 
孫バリ:Nogales ゼロフリクション トリプルフック #8
オモリ:80号

■ライトタックル
ロッド:VARIVAS SEA STAGE LTヒラメ 210-64
リール:シマノ NEWバルケッタBB 300HG
道糸: VARIVAS 小船マスターPE LS4 2号 200m
仕掛け:VARIVAS 船仕掛け ヒラメ トリプル ハリス 8号
幹糸: VARIVAS ハードトップ 船ハリス 8号 50cm
ハリス:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 6号 100cm
ステ糸:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 3号 50cm
親バリ:GRAN GPヒラメ 17号 
孫バリ:Nogales ゼロフリクション トリプルフック #8
オモリ:50号

その他:PEにシュッ! プロ仕様
    VARIVAS ドライアーマー コンビネーションウインターレインスーツ VARS-07
    VARIVAS フリース
    VARIVAS ピンオンリール
    VARIVAS リブニットキャップ
    VARIVAS キャップストラップ(VAAC-17)
    VARIVAS ストレッチフィットグローブ 5(VAG-08)
    VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ(VAL-11)
    VARIVAS ヒップガード (VAHG-02)
    ヤマシタ 5連サルカン 1号

[船宿]
外房 大原港 義之丸
TEL. 0470-62-1820

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ