船 フィールドレポート

経ヶ岬沖でマダラ釣り…出た出た、モンスター!

タラといえば北海道。寒い寒い海。それが鉄板イメージですが、近畿圏・京都府の丹後半島沖で釣れるんですね…って、初めて知ったような言い方ですが、実はずっと以前から知っていました。ただ釣行するタイミングがなかったというか、その面白さを知らなかったというか、周囲にマダラ釣りをする人がいなかったというか…そして、冬場のマダラは白子がウリですが、夏場は身の美味さがウリとか…ああ、なんだかマダラ釣りだけにダラダラとした書きはじめになってしまいました(笑)。と、いうことで、7月21日、念願のマダラ釣りにいってきました。お世話になったのは京都府・宮津養老漁港を基地にしている新幸丸。

初チャレンジなので事前に仕入れた情報によると、水深は200~250m。底狙い。オモリは150号。竿は3mまでの胴の強いモノ。リールにはPE 4号を最低300m。仕掛けは胴突き。ハリスは10号。ハリ間1.5m。枝寸50~60m。ハリはムツの20号。エサは主にサンマの切り身。枝バリの数は慣れた人なら5~7本。自分は慣れていないので、とりあえず3本仕掛け。ハリスはVARIVAS ハードトップ 船ハリスの10号。ラインはアバニ ジギング10×10 マックスパワーPEの4号。ハリのチモトにタコベイトを付けたり、幹糸に水中ライトやケミライトを付けたりする人もいるようですが、水深200m以上なのでオマツリを避けるため付属物は蛍光ビーズ玉だけ。

午前5時に港を離れて、航程1時間あまり。経ヶ岬沖がマダラ釣りのポイント。メンバー4人が左右のミヨシに分かれて、エサのサンマと予備に用意したイワシをハリに刺してスタンバイ。

仕掛け投入のタイミングがズレると、その流しはお預け。船長の合図とともにリールのクラッチをOFF。仕掛けの着底は210m。糸フケを取るため5~8mくらい巻き上げ、再び底取りを確認。そして、1~2m底を切って誘いは、まぁ底取りの繰り返し。アタリがなければ再び底取りから巻き上げ。周囲の人は竿を竿受けにセットしたままだけど、まずは感触を掴むため手持ち&スタンディング。しかし、これが重い。かなりの負担が身体全体に掛かる。

と、3回ほどその誘いをした時、竿先がクイクイと軽く動いた。事前に船長から「クイクイがアタリ、ハリ掛かりした反応ですよ。アワセは要りません。200m底ですからアワセは届きませんよ。」そんなレクチャーがあったのでそのまま巻き上げに…途端にズンズンと重い引きが伝わって、おっ、これがマダラの引きか、かなり強いやん。と、50mほど巻いたとき、コンッと竿先が弾けて、バラシ。

マダラ初掛けでいきなりのバラシ。先行き不安やな。と、次の流しで同じような誘いを繰り返し、オモリが底に着いたときクイクイと反応。手持ち&スタンディングで200mを巻ききるのはかなりしんどいけれど、まずは1匹目を楽しんで、海面にボコリとマダラが浮いた。船長がギャフを入れて60cmくらいのがドタドタと船板を打った。

船が潮上りを繰り返し、潮アタリはトモから。どうりでミヨシが空いていたわけで。でも、森岡さんも同じように60cmクラスをすでに3匹取り込んで、山本さんはダブル掛けで5匹目。


徐々に要領が掴め、アタリは誘い上げから底取りをしたときにでることが多いことも分かってきて、クイクイとした小さなアタリから重量感たっぷりの引きの強さ。そのギャップが面白くて、手持ち&スタンディングで釣り続け、いろいろ模索しながらお昼前までで6匹の釣果。すでに腕、肩、腰、そして暑さも限界状態。

船長が「最後の流しですよ…」と合図。やっと暑さと疲労から解放される…と、底取りした時に、例のクイクイの反応。最後の1匹。ゆっくりと楽しもう…と、巻き上げにかかると竿が手元から曲がって、とんでもない重い引き。ズンズン、グングンが絶え間なく続き、「デカイでデカイで」と周囲からのプレッシャー。100mほど巻いた時に反応が消えて、1投目のバラシが頭をよぎって、でも、すぐにズンズン、グングン。200m巻ききるのがとてつもなく長く、やがて青白い魚体がユラユラと現れて、ガボリと浮いた。


98cm、船長推定で10kg。初マダラ釣りでモンスター。自分としては快挙でありました。


< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ