船 フィールドレポート

好調! 犬若沖のヒラメ

今年も6月1日に銚子 飯岡地区のヒラメが解禁となりました。関東では1番早く、釣期は翌年3月までの10ヶ月間と1番長くヒラメ釣りが楽しめます。解禁当初から3~4kgの大型混じりで安定して釣れていましたが、29日に船中で1~10枚、オデコなしで平均4~5枚の釣果。この情報を見て、家でのんびりしていられないと、翌日の6月30日に釣行したレポートです。

今回お邪魔したのは犬若港の武丸。エビハナダイを得意としている船宿ですが、ハナダイの群れが行方不明状態のためヒラメ乗合を出船中。太平洋側で水面の温度が20℃前後なのに対し、底付近の温度は9℃以下と超低温。この影響で、ハナダイが適温を求めて例年釣れるポイントから移動してしまったようです。この影響は茨城県側でも同様で、4月に旬を迎えるメバルが6月に入って食いだしたと聞きました。

当日の天気予報は雨模様。この天気を嫌ってか、4時半の集合時間に集まったのは私を含めて3名。全員が右舷に釣り座を確保し、私は胴間に入って道具の準備をします。予約時の電話でオモリは60号と80号を用意。出船前には60号でスタートすると聞いたので専用の竿を。両軸リールに道糸はVARIVAS 10×10船 プレミアムPE。前日には、糸をスムーズに放出してエサに負担を掛けないよう、PEにシュッ! プロ仕様を吹きかけました。仕掛けはVARIVAS 船仕掛け ヒラメ トリプル ハリス 8号を使用。予備仕掛けもしっかり用意しました。

ポイントは大別して、利根川河口沖の「河口沖」と真沖の「犬若沖」で、船長は最近好調な犬若沖に決めて船を進めます。
航程は約30分。船長の合図で活きイワシを海底に送ります。水深は25m。

投入してしばらくすると、トモに座った笠間市から来られている釣り人が竿を曲げ、1.2kg級を釣り上げました。前日の釣果が良かっただけに「連続アタリ」を期待しましたが、その後はポイントを流し替えてもアタリは遠く、凪の海で睡魔が! そんな気を抜いた瞬間、私の竿に「ゴゴゴゴッ」と一気に引き込む大きなアタリ。竿を大きく曲げたので、慌てて竿を立ててリールを巻くと、巻き上げの途中に生命反応が…?? 痛恨の早アワセでバラシ! 底から1m上げていることと、強い引きから良型だったことが推測されます。しくじりました!!

ミヨシの釣り人も大きく竿を曲げています。強く引き込むのでサメかと思われましたが、水面には現れたのはなんと大型のタチウオ。残念ながらタモでキャッチする前にハリスを切られましたが、130~140cmのドラゴンサイズでした。こんなのもいるのですね。

しかし次の流しでキロ級のヒラメを釣り上げてニッコリ。型を見ていないのは私だけ!

ここで焦っては早アワセで逃がすだけ。焦る気持ちを抑えて新しいエサにして投入すると、「コツン」の後「グイグイ」と引き込む本命のアタリが。道糸を張らず緩めずの状態にして待っていると、ハリ掛かりを伝える本アタリ。船長の差し出す玉網に吸い込まれたのは1.2kgの肉厚ヒラメ。産卵後の体力も回復し、水深が浅いだけに良く引きました。しばらくすると、再び同様のアタリで0.5kgを追加することができました。

ミヨシの釣り人にも1kg弱が上がりましたが、その後は潮が流れているのに何が気に入らないのかアタリがなくなり、船長は水深25~40mのポイントを何度か移動。僚船の無線からも不釣の言葉ばかりが聞こえます。船長はアタリが遠いので、横流しをするためにオモリ80号への変更を指示。私は竿をチェンジして狙いますがアタリは遠く、今度は100号に変更して大きくポイントを流します。何度か流しましたがアタリがなく、納竿時間も近づいてきたので、ここでライトタックルにチェンジ。オモリ50号にするとさすがに釣りやすいですね。

すると、斜めになっていた道糸から「ゴツゴツ」と本命のアタリが伝わって、1.5kgを追釣。

納竿間際には道糸を何度も引き出されながら、船中最大の2.4kgを釣り上げることができました。ミヨシの釣り人も1.5kgを2尾。この時残念ながらトモの釣り人は何度か早アワセに泣いたようです。

この日の釣果は0.5~2.4kgが3名で、4枚、4枚、1枚の釣果。後半に潮が流れた時には、ハリ掛かりしないアタリも数回あり、魚影は濃いと思われます。実際に翌日からはトップが7枚以上と復調しました。前半不調も後半はキロ以上が釣れて、浅場のヒラメの強い引きを堪能できました。

銚子地区のヒラメはシーズンが始まったばかり。魚影も濃く、長く楽しみなシーズンのスタートです。

[当日のタックル]
ロッド
 オモリ 60号用:シマノ バイオインパクト ヒラメ M270
 オモリ 80号用:ダイワ メタリア ヒラメ 270
 LT用: VARIVAS SEA STAGE LT ヒラメ 210-64
リール
 ノーマル:ダイワ ミリオネア CV-Z300SF
 LT用: シマノ NEW バルケッタ BB 300HG
道糸
 ノーマル:VARIVAS 10×10船 プレミアムPE 4号 200m
 LT用: VARIVAS 小船マスターPE LS4 2号 200m
仕掛け: VARIVAS 船仕掛け ヒラメ トリプル ハリス 8号
幹糸 : VARIVAS ハードトップ 船ハリス 8号 50cm
ハリス: VARIVAS ハードトップ 船ハリス 6号 100cm
ステ糸
 ノーマル:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 4号 50cm
 LT用: VARIVAS ハードトップ 船ハリス 3号 50cm
親バリ: GP ヒラメ 17号
孫バリ: Nogales ゼロフリクション トリプルフック #8
オモリ: 50・60・80・100号
その他: PEにシュッ! プロ仕様
     VARIVAS ピンオンリール
     VARIVAS ハーフメッシュキャップ VAC-49
     VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
     VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ VAL-11
     VARIVAS メッシュグローブ5 VAG-11
     VARIVAS ヒップガード VAHG-02

[船 宿]
銚子 犬若港 武丸
Tel. 0479-22-3352

ページトップ