船 フィールドレポート

夢の釣果に驚愕 -銚子犬若沖のアカムツ-

インターネットで釣果を閲覧していると、目を疑うような情報が掲載されていました。「銚子外川の船宿で、28~52cmが6~17尾」、この釣果だけを見ると魚種はともかく「普通だね!」と思われるでしょう。ところがこの釣果を出しているターゲットは、幻の魚アカムツ。深海のルビーとも呼ばれ、大きな群れをつくらないので、1日狙って1尾釣れれば良い方で、オデコ覚悟の魚種です。口の周りはアジのように弱く、巻き上げの途中でバラシてしまうことが多いことも、釣果が伸びない原因かもしれません。このアカムツ釣りの経過を確認していると、連日竿頭は2桁で安定し、飯岡・銚子地区の船宿も続々と乗合を開始していました。今回はこのアカムツを狙って、5月18日に銚子犬若港の武丸に釣行したレポートです。

武丸では乗合を開始した日から好調が続いているようで、竿頭は最高で13尾。夢のような釣果が出ているアカムツ乗合船の人気は高く、土日の予約定員12名は、1週間前から満席状態。5月18日当日の予約も3日前になんとか滑り込みセーフで、その後何件か予約希望の問い合わせがあったようですが、満員のためにお断りしたそうです。

集合は未明の2時半。少し早めに船宿に到着し、右舷ミヨシ2番の札を取って車で待機。私はアカムツを専門に狙ったことはなく、クロムツ釣りで20cm弱の小型を外道として釣ったことがあるだけの初心者。つり情報やインターネットの動画で十分に予習しましたが、とえりあえず型を見ることを目標にしました。中村船長は12名の釣り人を乗せて、ポイントへ向けて3時に出船。航程の約2時間はキャビンの中で仮眠しますが、興奮しているのか、ほとんど寝られずにポイント到着。

オモリは200号をセット。バラシが少ないとの情報から、柔らかめの竿を選択しました。中型電動リールにはPEにシュッ! プロ仕様でフッ素コートした10×10船 プレミアムPEを巻き、仕掛けをスムーズに出せるよう準備してあります。ハリスは魚に警戒心を与えないVARIVAS ハードトップ 船ハリスをチョイス。クロスビーズでハリスを出し、ハリにはアカムツ専用といわれるホタバリを使用します。


エンジンがスローになりポイントに到着すると、周りには外川・飯岡・波崎の船が竿を出しています。船長は慎重にポイントを探ってから、投入の合図。


付けエサは冷凍のホタルイカで、目と目の間にハリを刺し、ツボ抜きにします。これにサバの切り身を付けるのも良いとか(持参しました)。

記念すべきアカムツデビューの第1投目は水深250m。その第1投は、定番のサバの洗礼を受けました。私の他にも何人かがサバに捕まりましたが、無事に着底した釣り人にも、まだアタリはないようです。素早くエサを付け直してふたたび投入、今度はサバに邪魔されることなく着底。底は泥のようで、着底するとオモリが沈み、底を切ると「ズボッ」と抜けます。船長の指示は、「底ですよ。オモリが着いている状態で待ち、ときどき誘い上げてください」とのことでしたので、着底後にアタリを待ち、アタリがなければ竿を立てて誘い仕掛けの移動。誘い上げた時や誘い下げの時は、ポーズを数秒入れてアタリを待ちます(これは全て雑誌やインターネットの請け売りです)。潮は若干流れているかな?の状態で、船中にアタリはなく、先週釣行したという両ミヨシの釣り人も困惑気味。潮が流れた前回の釣行では、竿入れからバタバタと釣れたようです。

流しはじめてからしばらくすると、誘い落して待っていた竿に「グングングン」とアタリ。突然のアタリに慌てましたが、少し待ってから大きく竿を立てると、竿先が「クンクンクン」と叩かれてハリ掛かりを伝えてきました。2~3mを手で巻いてから電動リールのスイッチON。巻き上げると、ときどき「グングングン」と引き込み、さらに残り60~30mあたりでは「ガタガタ]と。ものの本によると、これが本命のアタリ!? 残り5mで海中に赤白い魚体が見え、船長の差し出した網に入ったのは、本日の最大42cmの本命アカムツ。開始早々に深海のルビーを釣り上げ、気分は最高! 何度も魚体を見てしまいました。


改めて魚体を観察してみると、尾鰭の先にマダイのような黒い縁があります。知っていましたか?

私と同時にアタリがあったミヨシの釣り人にも25cmのアカムツが釣れて、1流しで船中の本命が2尾。次の流しでは私に30cmとサメ。3流し目にも小型のメダイと27cmが釣れて、まさに夢のような展開(メダイは水面でバレましたが…)。釣った3尾は、すべて誘い下げの時に食ってきたので、その後も同じタイミングで誘い続けました。当日は潮の流れが悪く、中盤には道糸が真っ直ぐになり、アタリも少ない上にサメにも翻弄されましたが、後半にはふたたび食いが立ち、隣の釣り人に25cmがヒット。その隣の同行者には、なんと25cmの一荷!


底潮が流れ出したのか、沖ギスやノドクロカサゴが釣れだし、右舷ミヨシの釣り人に40cm級が、右舷トモ近くではさらに50cmの超大型が上がったようです。

納竿間際には水深270mのポイントで船中ポツポツと掛かり、私にも本日7尾目となる38cmが釣れて、11時には好調の海を後にしました。船中の釣果は25~50cmが0~7尾と、残念ながら型を見られなかった釣り人が1名のみ。この日の平均は3~4尾で、私は28~42cmが7尾と、できすぎの釣果にビックリ。

船長は、「誰も攻めたことがなく、最近発見したポイントなので好調なのでは」と言います。同船者は、それぞれ巻き上げ途中のバラシが2、3回あったようなので、魚影の濃さはピカイチ。潮が流れた翌日は、ふたたび2桁の釣果を出しています。犬若沖のアカムツ、数を釣るならば早めの釣行をお勧めします。

[使用タックル]
竿:  船釣り竿 230cm
リール:シマノ 15 フォースマスター 3000
道糸: VARIVAS 10×10船 プレミアムPE 4号 400m
幹糸: VARIVAS ハードトップ 船ハリス 8号
ハリス:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 6号 50cm
ハリ: 胴突仕掛 16号 3本針(ホタバリ)
    5連サルカン 1/0号
    クロスビーズ L
オモリ:200号
その他:VARIVAS PEにシュッ! プロ仕様
    VARIVAS ピンオンリール
    VARIVAS ハーフメッシュキャップ VAC-49
    VARIVAS ドライシルキーポロシャツ VAT-36
    VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
    VARIVAS SEA STAGE ライフジャケット ポーチタイプ
    VARIVAS メッシュグローブ 5 VAG-11
    VARIVAS ヒップガード VAHG-02

[船 宿]
銚子 犬若港 武丸
Tel. 0479-22-3352

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ