トラウト フィールドレポート

新緑の渓に映えるハイライトオレンジ -ブッシュトレイル インプレッション-

こんにちは、スタッフの添野です。



今季発売されたスーパートラウト アドバンス VEP ブッシュトレイル。その性能を体感すべく、管理釣り場に行ってきました。管理釣り場といっても渓流タイプのストリームエリアで、ネイティブトラウトルアーのトレーニングには最適です。



ターゲットはイワナ・ヤマメ。特に、釣行当日はイワナの活性が高く、シンキングタイプのミノーや3~5gのスプーンで流芯を切るように通すと、白泡や点在する岩陰から飛び出すようにアタックしてきました。



今回リールに巻いたスーパートラウト アドバンス VEP ブッシュトレイル。使ってみて、もっとも驚愕したのは、その圧倒的な視認性です。大岩や崖、そして新緑によって陰になるポイントが連続していましたが、ハイライトオレンジの高い視認性により、着水点やリトリーブ時のルアー位置を、確実に把握することができます。朝夕のローライト時にも活躍しそうですね。




また、摩耗に強いVEP製法のため、沈み石や岩陰でヒットした魚と、安心してファイトすることができ、しっかりキャッチすることができました。アングラー側のアドバンテージを高めてくれる性能が詰まっていますので、ビギナーさんにもおススメします。



同行者にも使ってもらいましたが、リールのスプールへの馴染みも良くて、トラブルレスと好印象。釣行途中でのライントラブルは、時間のロスにもつながりますので、ブッシュトレイルは、貴重な釣行機会を存分に楽しみたいサンデーアングラーの強い味方です!




また昨年発売された、グラファイトワークスのワークスリミテッド ARD-62T-DTX を試投してもらい、見事、イワナをキャッチ。キャストのアキュラシー性が高く、ルアーの操作性も抜群で、非常に気に入っていました。



今回、ブッシュトレイルを使ってみて、改めて渓流のルアーゲームにおけるラインカラーの重要性を実感しました。このようにVARIVASラインは、各魚種においてさまざまなシチュエーションや釣法に応じたカラーをラインナップしています。各魚種の経験豊富なトップレベルのテスター陣が、繰り返しテストしながらチョイスしたカラーですので、みなさんもカラーというライン性能を、ぜひとも堪能してみてください。

さぁ、これから夏に向かって、さらに草木が生い茂り、渓流魚の隠れ家が増えていきます。みなさんも、ブッシュトレイルを駆使し、そんな隠れ家をよりタイトに攻めて、美しいターゲットとの出会いを求めてみてはいかがでしょうか?

ページトップ