バス フィールドレポート

パンチショットの効果的な使用法

今年の琵琶湖はウィードが少なく、パンチショットリグが活躍しています。

例年なら1oz以上のヘビテキをするような場所も、
ウィードの密度が薄くパンチショットなら
1/4oz・3/8ozでワームを打ち込むことができます。

使用するフックは1/4ozが、Nogalesフッキングマスター ヘビークラス#2/0・#3/0、
3/8ozはNogalesフッキングマスターモンスタークラス#3/0・#4/0を基準としています。

フックサイズは、通常のテキサスリグでワームに合わせて使用する番手より
1サイズ上がバランスが良いでしょう。

ラインはNogalesデッド-オア-アライブ フロロカーボン、
1/4ozが14LB.・3/8ozが16LB.を基準に使用しています。

ヘビテキとは違い、ウエイトが軽いため
ロッドもMH・Hクラスが使え打ち込みも軽快になります。
(そのためラインも細くすることができます。)

トーナメントにおいても、このパンチショットはかなり有効になっています。

思ったよりスルスルとウィードに入っていきます!
経験されてない方は是非とも、上記のフック・ラインのバランスで使用してみて下さい。

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ