バス フィールドレポート

リザーバーでバス狙い! カバー攻略のコツとは?

松本幸雄フィールドテスターとともに、関東のリザーバーへバス釣りに行ってきました。

ここのところ涼しくなったこともあったので、まずはシャローフラットを中心に探っていきます。すぐに数匹のバスをキャッチしましたが、サイズが今ひとつ。そこで、次にフラットから急に水深が深くなるブレイクラインを攻めてみます。すると40cm前後のバスが釣れはじめました。

ブレイクの角度がキツければキツイほど反応が良かったので、縦ストラクチャーにも魚が入っているのではと考え、次に立木群を攻めてみることにしました。ブレイクラインの絡む立木を探し攻めていくと、このパターンでも良型のバスが次々と反応。

ブレイクライン攻略、立木攻略、どちらのパターンでも重要なのが、ラインの耐摩耗性。今回は2人ともVARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボンの5~20lb.をルアーによって使い分けました。40cmオーバー20本以上を含む、70本程度のバスをキャッチしましたが、ラインブレイクはゼロで、ガノア アブソルート フロロカーボンの耐摩耗性に助けられました。ブレイクラインに点在する岩や、立木への擦れを恐れずにアプローチできるため、攻めのバリエーションが増え、より多くのバイトを引き出すことが可能になります。

もうひとつ、立木攻略で重要なのが、ルアーを着水させる位置。細目のラインを使用する際には、ヒット後に魚を寄せてくるコースを考え、途中に障害物の少ないポイントへのキャストがランディング率を左右します。太目のライン使用時は、その強度のメリットを活かしてカバー最奥にルアーを撃ち込んだり、枝にラインを意図的に引っ掛けてルアーをサスペンドさせるアプローチによって、ライトラインでは出せなかったバイトを誘えるので試してみてください。

夕方には、今回のヒットルアーとなったダイレクションジグ 3.5g + アバカスシャッド 2.8inchを操っていた松本テスターにビッグバイト! 途中、立木にラインが擦れる音もしましたが、無事にランディング。52cmのビッグバスをキャッチしました!

数もサイズも釣れ、満足のいく釣行となりました。

[タックルデータ]
ロッド:バスロッド 6.8ft MH
リール:メタニウムXG ZPIフルチューン
ライン:VARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボン 12lb.
ルアー:ダイレクションジグ 3.5g + アバカスシャッド 2.8inch

ロッド:バスロッド 7.3ft H
リール:レボロケット9 ZPIフルチューン
ライン:VARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボン 20lb.
ルアー:フリップギル ショットストーミーマグナム

ロッド:バスロッド 6.8ft M スピニング
リール:イグジスト2500 SSRCシングルハンドル55mm
ライン:VARIVAS ガノア アブソルート フロロカーボン 5lb.
ルアー:アバカスシャッド 2.8inch(スプリットショットリグ)

< バス 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ