バス フィールドレポート

スモールマウスバス攻略用 ノガレスフック!

こんにちは、テスターの礒野です。
野尻湖での対スモールマウスバスで絶対に外せないアイテムとなっていて、多くのアングラーが愛用しているのがノガレスフックです。
私が野尻湖でスモール相手によく使用するフック4アイテムをご紹介します。

それはデスロックデスロックワイドインチフックフッキングマスターライトクラスなのですが、私なりの使い分けを説明したいと思います。

ダウンショットやネコリグを使いシェイクで誘い、バイトを取ってフッキングに持ち込む時はデスロック。貫通力が高いデスロックですが、フッキングが決まり、乗った時はやはり気持ちいいですね。

キャロライナリグのステイで誘う時やダウンショットでも放置気味に誘う時にはデスロックワイド。バスがワームをくわえただけでも口の中、外と係わらず、どこかに初期掛かりしてくれるデスロックワイド。初期掛かりの状態からテンションが掛かった時点でサクッと刺さってくれるのはテフロンコートの賜物です。ワッキーセッティングで使用されることも多いですが、バツグンの初期掛かりの良さは放置の釣りには欠かせません。

根掛かりの多いバンク、ロックエリア、レイダウン、スタンプ等を攻めるときにはオフセットフックのインチフックかフッキングマスターライトクラス#4をチョイス。
インチフックとフッキングマスターライトクラス #4との使い分けはセットするワームの形状・サイズによって変わってきます。
インチフックのシルエットはマスバリに近いこともあり初期掛かりがよく、また、スモールフックだけどワイドゲイプ設計なのですっぽ抜けやバラシが少ないのが特徴です。短めのイモやクロー、ホッグ系ワームにはインチフックで対応します。

少し長めのワームやインチフックではゲイブの遊びが無くなるバルキーなワームにはフッキングマスターライトクラス #4を使います。
ワームのフォール姿勢を安定させたい時にもマスバリよりオフセットフック(フッキングマスター #4)を使うことが多いです。 フラフラと不安定に漂わすならマスバリですね。フォールで食わせる時は季節によってマスバリがいい時、逆にオフセットフックがいい時が存在しますので、フックのローテーションを行なうことが好釣果に繋がることもあります。

これがスモールマウスバスを相手にした場合のノガレスフックの大まかな使い分けです。状況によりセッティング変わることももちろんありますが、この4アイテムがあれば高次元で対応できます。

来シーズンが待ち遠しいですが、オフシーズンに準備しておきたいフックですね。

ページトップ