その他 フィールドレポート

激戦区のデイゲームでランカーナマズ!

デイナマズゲームに行ってきました。

バイトの一部始終が目視できるデイゲーム。近年、かなりの人気になってきました。この日もベストシーズンの土曜日とあって、先行者の姿が多数見えました。プレッシャーが掛かっている状況では、ルアー選択、キャスト精度、アプローチ、カラーセレクトなどの要素をいかにきっちり詰めていけるかが釣果の良し悪しを握る鍵となります。

足音で人間の気配を察知されないように、対岸の岸際ピンスポットを撃ちながら釣り上がっていきます。風が強かったので、ラインが風に流されないようにメインラインはナマズマックスパワーPE トロピカル 3号と細目をチョイス。カバーに積極的にコンタクトできるようにリーダーはナイロンショックリーダーの60lbを1mほど結びました。

ハード系ノイジーでしばらく釣り上がり、数回反応があったものの、バイトには至らず。やはりプレッシャーによりそう簡単には釣らせてくれません。そこで、釣友でナマズの名手でもある松本幸雄テスターが、釣りビジョンDVD「デイナマっ!2」で紹介していた対岸撃ちの効果的なアプローチを思い出し、試してみることにしました。着水音を極力抑えたかったので、ルアーはソフトボディのやわらかプップにチェンジしました。

ロングキャストで対岸ギリギリにルアーを入れ、バイトチャンスの多いシェードの中をじっくりと攻めていきます。(バイトシーン超多数! 詳細なアプローチの方法は是非映像でご覧下さい。)

すぐに結果は出ました。50~60cm前後のナマズが数匹釣れ、さらに釣り上がるとビッグバイト! フッキングした直後、首振りの大きさでビッグフィッシュと分かりました。慎重に寄せてフックの掛かりどころを確認してから抜き上げてキャッチ成功。

な、長い(笑)計測すると74cmで、嬉しい今期最長寸のナマズでした。

更なるランカー目指してまた釣行したいと思います。

[タックルデータ]
ロッド :7’04″ ナマズロッド(16lbクラス)
リール :カルカッタ コンクエスト 101HG ZPIフルチューン
ライン :ナマズ マックスパワーPE トロピカル 3号
リーダー:ショックリーダー ナイロン 60lb
ルアー :やわらかプップ

ページトップ