磯・堤防 フィールドレポート

アジサイメバル

我が家の裏庭でも、アジサイがきれいに咲く?季節となりました。

そう、季節は梅雨! ジメジメする嫌な季節到来ですね。季節を冠にした魚といえば、寒グレや梅雨グレと呼ばれるのが代表選手でしょうか。寒グレは食味優先で、梅雨グレは釣りやすくなるというイメージ。特に食味優先だと、桜ダイや麦わらイサキが思い浮かびます。

さて、私のメインターゲットとなるメバルでは、年に2回テンションが上がる時期があります。産卵を控えた12月と梅雨時で、とりわけ梅雨のメバルは、釣り味・食味ともに最高です。

久しぶりに型を見たいと、南紀のポイントへ向かいます。漁港ではサビキ釣りをされる家族の姿がありました。「フグが多くて…」との声。しかし、底の方では良いサイズのアジが釣れている様子。ちょうど前々日に、集中豪雨が襲ったところ。表層はほとんど真水になっている感じです。

日没前にお土産のキス狙い。港内ではフグばかりなので、深くなったミオ筋を狙うと、やはりキスはこちらに集まっている様子。今日狙うポイントは、河川の流れ込みが直接影響する場所なので、かなり不安がよぎります。キスのお土産もできたところで日没を迎え、メバルのポイントへ移動します。潮は満潮からの下げ始めで、いい感じに流れています。

ハリスはVARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリスの1.2号を1ヒロとり、ハリの上20cmにガン玉B。電気円錐ウキを1ヒロ半に固定して、目立つように大きなアオイソメを刺し餌にし、沖の流れに乗せます。潮に押された道糸が仕掛けを寄せてくるので、ブレイクのあたりで道糸を送り出して仕掛けをタナに届けます。いつもならこれで、「ズブズブ…ギュン!」とアタリがくるはずですが、今日は本命どころかうるさいアカジャコのアタリすらありません。やはり大雨の影響でかなり厳しかったみたい。

開始1時間半で雨が降り出しました。このあと雨脚がかなり強くなる予報なので、粘るわけにもいきません。港奥にある船揚げスロープで、お土産のガシラ(カサゴ)でも拾って帰ることにし、再び移動します。ところが、ガシラ鉄板ポイントでもアタリがまったくなし。「今日はやっちまったなぁ~」と、諦めて最後の1投。沖に投げて仕掛けをゆっくり寄せます。刺し餌は底を切ったあたりで、ガン玉を支点にし、ピロピロと泳いでいるはず。アオイソメのスイミングパターン?

それはいきなりでした。「ビュン!」とウキが横にすっ飛びます。フグのアタリかと思いましたが、竿に乗った手応えはフグじゃない。「おお! 締め込みキツ~! セイゴかな?」と、浮かせて船揚げスロープを利用し、ズリ上げてライトを照らすと…なんとビックリ!メバルじゃないですか! こんな潮の通らない港の奥の奥で? ミニミニサイズならともかく、港の奥で型を見たのは初めてです。


雨脚が強くなってきたので、この1匹で満足して帰路につきました。ホントは、こんなサイズがもっとイージーに連発する時期なんですよ。

そうだ、桜鯛に対抗して、アジサイメバルとでも呼ぶことにしよう。

[使用タックル]
道糸:  VARIVAS アバニ シーバスPE マックスパワー トレーサー 0.6号
リーダー:VARIVAS バーマックス磯 ストロング 2.5号 4m
ハリス: VARIVAS ハードトップ磯 プレミアムハリス 1.2号

ページトップ