トラウト フィールドレポート

石川県でのサケ釣りチャレンジ

福井県でのタルイカ釣行を終え、1日だけ滋賀に帰り、今度は石川県にサケ釣りに行ってきました。なんだか慌ただしかったですw 私と妻の地元は石川県(私の産まれは違うが)。前々から妻の実家に行く予定があり「せっかく石川県に行くし、なにか釣りものないかな~」って考えて思いついたサケ釣り。妻の実家の近くを流れている手取川は、毎年有効利用調査という形で期間限定のサケ釣りが可能です。


全国各地に、サケの有効利用調査の釣り場は多数存在しますが、本州最南端サケ釣り場&アクセス良好ということで、東海や関西からたくさんのアングラーが訪れる人気サケ釣り場です。

私も今回で4回目の手取川でのサケ釣り。まったく駄目な年もあれば、5投で規定尾数に達した年もある。正直言って、サケ次第の釣りですw

今年は全国的にサケの不漁年といわれ、私の大好きなイクラも高騰。手取川も例外ではなく、事前情報では例年にないくらい釣れてない。そんな手取川サケ釣りに挑んできました。

…結果からいうとノーフィッシュ。朝一に貴重なバイトを捉えたものの痛恨のフックオフ…。その後、時間一杯まで投げ続けましたが、再びチャンスが訪れることはなく、タイムアップとなってしまいました。10数人ほど釣りしてましたが、この日の総本数は4尾。前日も4尾。

言い訳ですが、サケあまりいなかったんだもん!

言い訳はよくありませんね…でも、サケあまりいなかったんだもん! まぁ、そんな感じです。

サケは釣れませんでしたが、サケに関することでも書いてみます。私が行った手取川のサケ釣り。誰でも手軽にって訳にはいきません。期間も決まってますし、事前に予約が必要です。定員も決まっています。日によっては定員オーバーなんて日もあります。「メス釣ってイクラ食べ放題♪」って考える方もいるかもしれませんが、メスは持ち帰り禁止! キープできるのはオスだけです! 規定尾数も決まっており、現在は5尾まで。つまり5尾釣ったら終了です(メスはカウントされません)。

釣法はルアーやフライやエサなど、何でもありです。

私はもちろんルアー釣りでチャレンジ。タックルは先日レポートしたイトウ釣りと同じタックルを使用しました。ラインもイトウと同じくVARIVAS スーパートラウト アドバンス マックスパワーPE S-spec 1.2号を使用。

水流が速いポイントも多いので、メインラインは水の抵抗を考慮して細め目の号数をチョイス。ただし、石がゴロゴロするボトム付近を攻めるのでリーダーはVARIVAS ショックリーダー ナイロン 35lb.と太めにしております。

ルアーはミノーやバイブレーションを使う方もいますが、やはり定番はスプーン。スプーンにタコベイトを付けるのが一般的です。

そこに「どうしても!」って方はサンマなどのエサを付けたりします。私も一応エサは用意していました。まぁサケがあまりいなければ、エサをつけても駄目なんですけどね(また言い訳)。

ちなみに手取川サケ有効利用調査に参加される方は、近隣の宿泊施設での宿泊費補助などもあります。私も利用させていただきましたが、これは非常にありがたいですね。

釣りが終わった後はアンケートもあり、今後のサケの有効利用に役立てているそうです。ちなみに、今季の手取川のサケ有効利用調査は終了しました。色々と書きましたが、来年以降参加される方はルールなどの変更あるかもしれないので、改めて確認をお願いいたします。

良い年もあれば悪い年もある。たとえ釣れなくても、北陸の美味い飯が皆様を癒してくれるはずです(私も釣れずに落ちこんでましたが、蟹食べて元気になりました♪)。

興味のある方は、是非ともチャレンジしてみてください!

< トラウト 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ