トラウト フィールドレポート

黒部川上の廊下を行く

黒部湖のバックウォーターにある奥黒部ヒュッテが黒部川上の廊下遡行の出発点となる。初日は、この奥黒部ヒュッテまでのアプローチで終了。遡行は2日目からとなった。

山小屋の朝は早い。6時半には行動開始だ。



小屋の脇を流れる東沢谷を下って、まだ日が差さない黒部川に降り立つ。8月中旬の黒部川は、平水時の75%程度の水量だった。減水時の黒部川は穏やかな表情を見せる。水量によっては、ザイルを使用した激しい渡渉を強いられるが、今回は、あくまで安全を確保するためにザイルを出した。徒渉を繰り返しながら遡行すること、約1時間で左岸に圧倒的な岩壁がそそり立つ、下の黒ビンガに到着した。



まず、右岸から左岸に徒渉する。出だしは問題ないのだが、左岸に近づくと深くなっており、減水しているとはいえ、水深は腰上まであった。

徒渉を繰り返しながら進むと、口元のタル沢出合に到着。



この近辺も良いポイントが連続するのだが、先を急ぐため、釣りはお預け。口元のタル沢上流のゴルジュは、泳いで左岸の岩場に取り付き、滑りやすい岩場をヘツって突破するのが普通だ。しかし、今年は大岩がゴルジュに出現し、その大岩に取り付いて、難なくゴルジュを通過できた。

黒部川の上ノ廊下は、花崗岩を主体とした、大岩の中を流れる明るい流れであり、独特の雰囲気を持った流れだ。そして、広河原を過ぎるといよいよ上の黒ビンガの入り口となる。「ビンガ」とは、この地方で、「岸壁」のことを言う。そして、両岸が圧倒的な岸壁で形成されている上の黒ビンガで、ビバークすることにした。これは、安定した天候の中での遡行だったために実現したものだ。そして、やっと釣りの時間もやってきた。



上の黒ビンガを釣る


黒部湖上流の黒部川では、イワナとニジマスが狙える。ニジマスはかつて湖に放流された個体の末裔だ。ニジマスは、40センチクラスも生息しており、タックルもこれに対応するパワーがほしい。今回のラインは、スーパートラウト アドバンス[マックスパワーPE]0.6号。オーバースペックかもしれないが、ミノーの飛距離等に問題はない。そして、リーダーはトラウト ショックリーダーの6LBとした。


豊富な水量はコンディションの良いイワナを育む



3日目。立石奇岩あたりで、ビバークの予定だったが、順調に遡行できたため、薬師沢小屋で小屋泊まりとした。そして、雨模様となった4日目に折立に下山。こうして、本年2回目の黒部川は終了した。


上の廊下遡行の終了を告げる岩

ページトップ