“怪魚”フィールドテスターの小塚です。
「大きな魚しか興味ないんでしょ?」なんてよく言われますが、
日本では、むしろ小物釣りばかり行ってます。
今日は、北陸に突如(?)現れたワカサギフィールド・多根ダムでの釣りをレポートします。

富山在住の自分にとって、ワカサギは長野まで遠征して釣るもの。
釣具店にもワカサギの道具はほとんど並んでおらず、
いわば北陸はワカサギ不毛の地でした。
そんな北陸で、石川県七尾市の多根ダムにワカサギが定着したとの情報をGET。
これまで年に1、2回の長野釣行ではレンタルタックルで済ませていたのですが、
「自宅から車で1時間、この距離なら通えるゼ!」と、専用タックルを一式揃えました。
天気がいい日を選んで、愛犬2匹を連れて出船です。

多根ダムのスタイルは、レンタルボートからの釣り。
ポイントの水深は7〜10m。初心者なので難しいことは考えず(考えられず)、
1m1gとして考えて、アピール重視で「四面オモリ カラーパック」の7〜10gをメインに使用しました。
仕掛けは「返し鈎 5本鈎」、扱いやすさ重視でハリ数の少ないものをセレクト。
糸付き鈎 玉付き金鈎」で底バリ追加して、ハリは全部で6本です。
紅サシ3匹、隣り合ったハリを頭とお尻に刺し、
チョキ、チョキ、チョキと真ん中でカットして準備完了!

多根ダムはいわゆる“デカサギ”がアベレージで、
R seriesの「VAR-FS275」(ピンク)と「VAR-F285」(ブルー)の穂先が
分かり易すぎるほど、気持ちよく震えます。
とはいえ、毎度鈴鳴りにヒットするほどイージーでもなく、
1匹1匹、大事に数を重ねていく釣りに。

お昼には一旦陸に上がり、現在人気・流行中の「ホットサンドメーカー」でワカサギ料理。
焦げ付かないように味付けと油としての仕事を兼ねてマヨネーズを使用した簡単3分クッキング!
トースト用の食パンサイズが、ワカサギ料理にジャストサイズ!
フタを閉じる構造により熱効率が良く、油も飛び散らず、
そのままひっくり返すことで両面が素早く焼けるので便利。
周辺に生えていたフキノトウも加え、ほろ苦つながりでお腹も満足。午後の部へ・・・。

食い渋る時間帯には、切り札の「MAXIMUM SPEC「VAR-MAX299」を投入。
さすがは大人気・入手困難の穂先、目視できるアタリが一気に増える!
しかし、竿が柔らかくなったせいか、必要以上に(?)アタリが見えてしまうせいか、
まぁ総じてウデが足りないわけですが、アタリがあっても掛からないケースが多発。
しかしそれは、「穂先延長アダプター(50mm)」をセットすることで、劇的に改善されました。
竿が長くなった分、フッキングパワーの伝達が良くなり、アワセが決まる。
わずか5cmのことでここまで変わるのかと、
初心者ながらにワカサギ釣りの奥深さを感じる釣行になりました。

この冬に定着が確認されたばかりというバージンレイク・石川県 多根ダム。
平日は、自分のボートだけで湖が貸切りだったりも・・・。
レンタルボート屋によれば、
(定着したばかりで読めないものの)4月中旬までは釣れるのではないかとのこと。
遠出しづらいご時世ですが、隣県の方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

[タックルデータ]
穂先: 公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド] -R series-「VAR-FS275」(ピンク)、「VAR-F285」(ブルー)
    公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド] -MAXIMUM SPEC- VAR-MAX299
ライン:ワカサギ専用PEライン イエローパープル) 0.15号
仕掛け:ワカサギ仕掛け 返し鈎 5本鈎 1.5号
    ワカサギ専用 四面オモリ [スイベルジョイント]カラーパック 7〜10g、
    ワカサギ糸付き鈎 玉付き金鈎
その他:公魚工房 ワークスリミテッド 穂先延長アダプター 50mm(VAAC-39)30mm(VAAC-34)
リール:クリスティアシリーズ(ダイワ)

(楽しすぎてあまり写真を撮っておらず、後日再訪して撮影した2日分の写真が混じっています。ご了承ください)