渓流 フィールドレポート

五色月 利根川水系「利根川戻りヤマメ」「渡良瀬川ヤマメ」

群馬県を流れる利根川。ゴールデンウィークが終わり、ニセアカシアの白く芳しい花が川の周囲に咲き乱れると、利根川は「サクラマス・戻りヤマメ」のシーズンを迎えます。5月に入り、自宅から徒歩5分、子供のころから竿を出しているポイントに「戻りヤマメ・サクラマス」を週に1度の休みを利用して釣行してきました。

結果から話すと、先週の月曜日 午前10時に入川して、開始早々1本出てくれました。


サイズは33cmと、利根川では小振りな戻りヤマメですが、久し振りに出会えた綺麗な魚体。見る角度を変えるとうっすらパーマークが見えます。夏過ぎるころ、この魚体で大型ならば間違いなく利根川サクラマスでしょう。数年前、広島大学に過去の利根川ヤマメを検体に提出し、勉強させていただいた次第です。シーズンが始まる前兆に嬉しく思い、ポイントの落ち込みから上流のヒラキにリリースし、大きく育つことを祈りました。

しばらく粘ったのですが60センチを超えるニゴイが掛かり、この時期の、この流れを遡上して来た生命感に驚かされます。


この時期の休みの日に利根川で竿を出す時は、自宅前~大渡橋の区間で竿を出しますから、この日も大渡橋迄を車で移動して釣り上りました。大渡橋上流では、毎週「泣き尺のニジマス」が多数釣れます。ポイント移動して総数を数えると10~30尾は釣れます。中には60cmを超えるニジマスも出てます。


ルアーでは数本のサクラマスが釣れてるようです。当日は泣き尺ヤマメが出てくれました。


ゴールデンウィークに入る前に、桐生市を流れる渡良瀬川にも釣行しました。渡良瀬川は梅雨時に向かい、釣りが難しくなって来るので楽しいヤマメ釣りが出来ます。勿論、サクラマスも遡上して来ますので夢があります。

前回レポートした時のヤマメより、良く育ったヤマメが釣れました。水位の変動で隠れていたヤマメが出て来ます。


渡良瀬川・利根川はこれからが本番。休みを利用して「サクラマス」「戻りヤマメ」を狙いに来てみては如何でしょうか。

[タックルデータ 利根川]
竿  :SHIMANO SUPER GAME SPECIAL ZE H85-92
道糸 :プロステージ 本流 エクストリーム フロロカーボン 1.5号 
ハリス:プロステージ 本流 エクストリーム フロロカーボン 1.2号 
目印 :みえる目印 オレンジ×1 グリーン×2
オモリ:割りビシ特大
ハリ :パワーサーモン 3号 / 4号
    サクラマス・サツキマス 4号
餌  :ミミズ 2匹チョン掛け / クロカワムシ

[タックルデータ 渡良瀬川]
竿  :SHIMANO αズーム本流ゲーム リミテッドプロ ハイスピードV 8.0-8.5m(1997年)
天上糸:プロステージ 本流 エクストリーム フロロカーボン 1号 
道糸 :プロステージ 渓流 エクストリーム フロロカーボン 0.8号
ハリス:プロステージ 渓流 エクストリーム ナイロン 0.6号
目印 :みえる目印 オレンジ×1 グリーン×2
オモリ:割りビシ中
ハリ :サクラマス・サツキマス ブロンズ 4号 / 2号
    サクラマス・サツキマス 艶消し赤 3号
餌  :ミミズ 2匹チョン掛け

■道糸とハリスの結び
 ●同サイズ=ブラッドノット。
 ●異なるサイズ=細い方を折り、2本にして、太い方とブラッドノット。
 ●ヨリモドシを使う場合=漁師結び又はクリンチノット。
※根がかり等で、ラインが長く切れて川に残らないように、ハリスを使った仕掛けを推奨します。

[問い合わせ]
利根川…群馬漁協
http://gunmagyokyou.blog.fc2.com/

渡良瀬川…両毛漁協
http://www.ryomo-fishing.com/index.html

< 渓流 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ