その他 フィールドレポート

秋ヤマメ -長野県千曲川-

9月28日、長野県を流れる千曲川水系に、今シーズン最後の渓流・本流域に釣行してきました。千曲川沿いの木々はところどころ色付き、周囲にはアキアカネが飛び交い、空は様々な形の雲が並び、「秋」を感じさせる雰囲気となっていました。

仕事の疲れが残る中、のんびりと朝7時30分に入渓。かなり増水気味で水温12度。立ち込む場所が限られましたが、ポイントを選び、100メートル程の流れを攻めることに。流れが強いため、VARIVAS プロステージ本流 エクストリーム 1号の道糸に、極小サルカン(結束はクリンチノット)、VARIVAS プロステージ 渓流エクストリーム 0.8号のハリスを選択。

開始早々、24cmと26cmの婚姻色で美しいヤマメ2匹を捕り込み、さらに下流に50メートル下った場所で力強いアタリ。激流の中でやり取りをし、タモ入れ。



何ともいえない美しい婚姻色を纏った33cmの秋ヤマメが水面から顔を出してくれました。


同じ場所で27cmのヤマメ


どの魚体も綺麗な装い。毎年、秋ヤマメに出会う機会がありますが何度見ても素晴らしい色彩で自然美を感じます。



場所を移動して直ぐに、落ち込みからの深瀬で48cm、35cmの虹鱒。




ヤマメ狙いでしたので虹鱒が掛かって来た時は少々慌てましたが、信頼できる仕掛けでしたから安心でした。その後も26cm、25cmを追加し、ここまでで8尾と良い釣果。今季最後の河川釣行、欲を出さずに12時30分納竿としました。

河川敷に映える神輿草(現の証拠 げんのしょうこ)の可憐な花や、ヒメジョオンの白い花の蜜を吸うベニシジミが、紅葉前の秋の渓流を彩っていました。




本日は一度も仕掛けを変えずの釣行。根擦れもなく、結束箇所も異常なし。VARIVAS プロステージ本流 エクストリーム[フロロカーボン]と、VARIVAS プロステージ渓流 エクストリーム[ナイロン]の強度を実感しました。


[当日の仕掛け]
竿:  8.5m 本流竿
道糸: VARIVAS プロステージ本流 エクストリーム[フロロカーボン]1号 8m
ハリス:VARIVAS プロステージ渓流 エクストリーム[ナイロン]0.8号 30cm~45cm
    ※穂先への結びは、サルカン共にクリンチノット
目印: VARIVAS エクセラ鮎 みえる目印[極太]上から、オレンジ×2・グリーン×1
オモリ:VARIVAS スーパーエコオモリ 4B×2(オモリガードとしてシリコンチューブ0.5mmを1.5cm)
ハリ: VARIVAS サクラマス・サツキマス 2号
    GRAN 渓流鈎[きじブドウ虫]3号(ハリの結びは、外掛け枕結び)
餌:  キジ2匹通し掛け、又は1匹チョン掛け

ページトップ