ワカサギ フィールドレポート

ワカサギ釣り in 桧原湖

桧原湖は1888年の磐梯山の水蒸気爆発により川がせき止められて出来た湖です。
湖面標高822mで湖岸延長は47km、南北の長さ10.5kmで
幅は最大のところでも2.8km、深さは最大でおよそ30mです。
11月から屋形船シーズンが始まり、結氷すると氷上釣りとなります。

2月1日から桧原湖の氷上釣りが全面解禁となりましたので
2月7日、桧原湖南部エリアでの氷上釣りに出かけてきました。
6時半桧原湖に到着、晴れいて素晴らしい景色です。

スノーモービルでハウスへ移動します。湖上には新雪が20cmほど積もっていました。

使用した仕掛けは、左手側「三段誘い六本鈎」、右手側「桧原二段誘い七本鈎」です。

7時釣りスタート。

魚探を入れてみると、底付近にチョロチョロとした反応があり
その上1m70cm位に浮いた魚影の層があります。

赤サシとブドウ虫を付けて仕掛けを落とします。
タナを底に合わせてみました。
即ピクピクはありません。
しばらく誘っているうち、上層にいた魚影が次第に下がってきました。

タナを底から1mほど上げると、アタリがあり1匹ゲット。
その後はポツポツと釣れる程度で爆釣の兆しはありません。
8時で32匹。

8時を過ぎたころから、浮いてはいますが魚影が濃くなってきました。

ここから爆釣モードに突入しました。ダブル・トリプルもありで時速60匹くらいのペースです。
爆釣モードはお昼まで続きました。
しかし、午後になるとガクッとペースダウン、
14時を過ぎるとさらに渋くなってしまいました。

16時までやって最終釣果は437匹でした。

[時間帯別ラップ匹数]
8時まで  32匹
10時まで  126匹
12時まで  140匹
14時まで  94匹
16時まで  45匹

合計  437匹

[仕様タックル]
リール:電動リール疾風
ライン:VARIVAS 感度得 0.2号
仕掛け:三段誘い六本鈎、桧原二段誘い七本鈎
オモリ:VARIVAS 四面オモリ 3g
エサ:赤サシ、白サシ、ブドウ虫

< ワカサギ 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ