ワカサギ フィールドレポート

入鹿池のワカサギ釣行

1月20日、東海地方のワカサギ釣りメッカである入鹿池へ釣行してきました。

入鹿池は愛知県犬山市にある人工の農業用のため池ですが、ここにワカサギが放流されており、貸しボートを使ってワカサギ釣りを楽しめます。しかも、料金は貸しボートのレンタル料だけで入漁料は無料となっており、休日にもあると100隻以上のボートが出る賑わいをみせる人気のフィールドです。

さて当日。貸しボート店の名竜亭さんへ7時半到着した時には、すでに多くのボートが浮かんでいました。みなさん早いですね。料金を支払い、エサの紅サシを購入して単独ボートに乗り込みます。まず目指したのは、貸しボート店の対岸(東側)で水深12メートルほどのポイントです。50隻近いボートが集まっていますが、その集団から少し離れた場所で群れを探します。魚探にはあまり良い反応が出ていないものの、底付近に薄い反応を発見。ポイントにアンカーを下ろしてスタートです。まずは「桧原二段誘い7本鈎」の狐かねり1.5号仕掛けと、「疾風早掛け底釣り5本鈎」の狐かねり2号仕掛けに四面オモリ3.5gをセットし、エサは紅サシで仕掛けを投入です。寒くなったこの時期、入鹿池で狙う棚はベタ底なので、まずは湖底まで仕掛けを下ろし、誘いを入れると直ぐにサオ先に当たりが出ました。上がってきたのは7cmほどのワカサギです。スタートは好調だったものの、当たりは続きません。ポツンポツンとは釣れますが、当たりの数がイメージとは違いすぎました。

2時間ほど粘るものの、辛うじて50匹を越える程度。一旦アンカーを上げ魚探と睨めっこしながら周囲を探索しますが、あまり良い反応がありません。皆さん苦戦しているのか、周りのボートも移動しています。

魚探を見ながら、結局西岸まで戻ってきました。隣接する博物館「明治村」の灯台近くの水深13メートル前後のポイントに到着です。

ここで、ようやく魚探に好反応が現れました。仕掛けを降ろして誘いを入れると、直ぐに当たりです。2台の自作電動リールが左右交代にモーター音を響かせ、楽しい時間の到来です。


ダブル・トリプルや、9cmほどの良型も掛かってきました。

時折、魚探の画面が真っ赤になるほどの大きな群れが回遊してきますが、これは全く食い気がなく素通りです。ベタ底に活性の高いワカサギが居るようで、寒い時期は棚を絞りやすいことも入鹿池ワカサギの特長です。しばし、当たりを楽しんだのですが、そんな時間も長く続かないものです。お昼を過ぎると今度は風が邪魔をし始めます。湖面に浮かぶ手漕ぎボートなので風に弱く、ボートもサオ先も安定しません。風が緩んだ合間に当たりを取るような状況になってしまいました。仕掛けの扱いが安易になるよう、ハリ間隔の狭い「三段誘い 浅場スペシャル」で、当たりを見逃しても掛かったワカサギが外れにくいようにと狐から袖鈎の仕掛けに変えて対応です。前半のポイント選択ミスや終盤の風に苦戦したため、午後2時過ぎまで粘って178匹と目標の半分でした。それでも、ポイント移動した直後の好調子を思い浮かべ、次回リベンジを誓うのでした(笑)

入鹿池でのワカサギ釣りは、手漕ぎボート利用の釣りしかできません。貸しボート店の組合でワカサギを放流しているため、遊漁料が必要ない代わりにボートのレンタルが条件になっているようです。2人乗りが1日2500円と安価なため、友人や家族で釣りを楽しんでいる光景があちこちで見られます。もちろんエレキに魚探のワカサギフリークも多く楽しまれています。自分でボートを漕ぎ出し、自分でポイントを見つけて釣るという楽しさも味わえるのが、入鹿池ワカサギの楽しさの一因になっているのです。入鹿池では8軒の貸しボート店が南東側に集まっており、紅サシや赤ムシのエサも常備されています。店によっては、エレキからバッテリーのレンタルもあり、都市近郊でのワカサギを楽しむにはもってこいです。

[タックルデータ]
穂先: VARIVAS 公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド](無反発マテリアルモデル)VAR-275LT
    VARIVAS 公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド]VAR-28R
仕掛け:VARIVAS ワカサギ仕掛け桧原二段誘い 七本鈎
    VARIVAS ワカサギ仕掛け 疾風早掛けシリーズ 疾風早掛け「新秋田狐」
    VARIVAS ワカサギ仕掛け 三段誘い 六本鈎 -浅場スペシャル-
オモリ:VARIVAS ワカサギ専用 四面オモリ 3.5g
リール:自作電動リール

[貸しボート]名竜亭
貸しボート定員:大人2名(大人1名と小学生2名、大人2名に幼児2名は同乗可)
料金:2500円/隻
問い合わせ:TEL. 0568-67-0240

< ワカサギ 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ