船 フィールドレポート

ラストシーズンのヒラメ

関東各地区ではヒラメ釣りに禁漁期間を設けています。それは産卵時期と重なり、ヒラメの資源保護を目的に行っています。今回釣行した千葉県大原地区は、昨年からゴールデンウィーク後から禁漁となり10月1日の解禁日までとなります。今回は4月16日に大原の義之丸から、釣友の武田・小笠原・秋山氏と釣行したレポートです。

ポイントは航程40分の太東沖。前日のシケの影響でウネリもあり、また朝から北の風が強く吹いて船が揺れます。船長の合図でイワシの口から親バリを入れ上顎に抜きます。孫バリは尾の近くの背側へ打ちました。仕掛けは船仕掛けヒラメのトリプルフックで80号のオモリに引かれて、道糸が2色目の黄色の目印で着底。道糸の10×10船 プレミアムPEは、ライン表面に施したVARIVAS独自のスーパーフッ素コーティングにより、ガイドとの摩擦抵抗が減少し、仕掛けをスムーズに素早く棚に送り込むことができます。オモリを底から50cm程上げてアタリを待ちます。

大原地区では片舷流しを行います。左舷のミヨシとトモに座った我々の仕掛けは、沖に出て行きます。暫くすると右舷ミヨシの秋山氏が竿を曲げて1キロ級をキャッチしました。

左舷トモの武田氏にもアタリがあったようですが、残念ながら早合わせでバラシ。それでも次の投入で1キロ級を釣り上げニッコリ。船は1流し毎に右流し、左流しと変えていきます。これは広範囲にポイントを探り、有利な潮先を交代することで平等に釣ることができます。潮先有利としても、竿頭になる人はどちらの流しでも釣ります。秋山氏は次の流しでも1キロ級を釣り上げ溜飲を下げています。

そして次の流しで小笠原氏にも1キロ強の良型が上がり、遂に型を見ていないのは私だけ。最近このパターンが多く、昨年は納竿前の最後の流しで2枚釣ってオデコを免れたことも。ここ数年持病の首が悪くなり手が痺れ痛み、頸部脊柱管狭窄症と診断されて医者通い。ノーマルタックルでは腕も肩も痛く、ここライトタックルへ変更。

LTの道糸は一般的PEラインに比べ感度が非常に高く、今まで見逃していたアタリが取れるようになり、操作性も高くなるため、誘いの動作を思うように行える小船マスターPE LS4。オモリを40号に変えて投入すると、今までアタリがなかったのに紛れもないヒラメのアタリ。「ゴンゴン」の前アタリを見送っていると一際強く「ギューン」とハリ掛かりした本アタリが。竿を大きく曲げて上がったのは2キロ近い良型。次の投入でも1キロ強のヒラメを釣り気分は最高。

早朝は4月中旬なのに寒くて震えていましたが、9時過ぎから風も弱くなり日も当たってポカポカ陽気に。この陽気に誘われたのかヒラメは流しを変えるごとに釣れ、私には3枚目4枚目が、秋山氏には5枚目、武田氏はガンゾウ混じりで4枚目、小笠原氏も2枚目が釣れて納竿時間を迎えました。前記したように0.8~2.0キロが2~5枚。船中4名で14枚、私は最後に釣ったソゲを放流して良型3枚で大満足。




持ち帰ったヒラメは身も厚く甘みもあり、刺身で食べて最高でした。

5月6日まであと少しですが、大原沖のヒラメはラストチャンス。昨年・一昨年は禁漁間際に大型が釣れていました。最後まで気が抜けませんよ。

[当日のタックル]
竿:  (ノーマル)ダイワ メタリア ヒラメ 270
    (LT)シマノ ベイゲームX ライトヒラメ 220
リール:(ノーマル)ダイワ ミリオネア CV-Z300SF
    (LT)ダイワ キャタリナ ベイジキング 200SH
道糸: (ノーマル)VARIVAS 10×10船 プレミアムPE 4号 200m 
    (LT)VARIVAS 小船マスターPE LS4 2号 200m
仕掛け: VARIVAS 船仕掛け ヒラメ トリプル ハリス8号
幹糸 : VARIVAS ハードトップ 船ハリス 8号 50cm
ハリス: VARIVAS ハードトップ 船ハリス 6号 120cm
ステ糸 (ノーマル)VARIVAS ハードトップ 船ハリス 4号 50cm
    (LT)VARIVAS ハードトップ 船ハリス 3号 50cm
親バリ: GPヒラメ 17号 
孫バリ: Nogalas ゼロフリクション トリプルフック #8
オモリ: 40・80号
その他: VARIVAS PEにシュッ! プロ仕様
     VARIVAS ドライアーマーライトジャケット(VASS-04)
     VARIVAS フリース
     VARIVAS ピンオンリール
     VARIVAS 千鳥柄ワークキャップ VAC-44
     VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
     VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ VAL-11
     VARIVAS ストレッチフィットグローブ5 VAG-08
     VARIVAS ヒップガード VAHG-02
     ヤマシタ 5連サルカン 1号

[船宿]
外房 大原港 義之丸
Tel. 0470-62-1820

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ