船 フィールドレポート

横浜沖の大型イシモチ

9月中旬から本牧沖で釣れていたイシモチが、10月に入ると場所を横浜沖に移し活発に釣れています。それも25cmを超える大型揃いで、良い時には1束に迫る勢いです。今回はこのイシモチを狙って、私の所属する釣りクラブが例会を開催したレポートです。

集合は7時とノンビリです。それは神奈川県側との協定で、8時からでなければポイントに入れないからです。船宿は富津港の浜新丸。イシモチ釣りはリクエスト乗合で我々9名の他2名が乗船して7時過ぎに出船。今回の道具はLTヒラメの竿に小型電動リール、道糸は全ての小物釣りに万能な小船マスターPE LS4。仕掛けは胴突きの3本バリ。幹糸・ハリスは、潮色に溶け込み食いが立つグリーンハリスのハードトップ船ハリス、接続器具はハリス交換が簡単なYHビースを使いました。


エサはアオイソメで大型は半分にして房掛けに、中型は1尾掛け、小型は2尾掛けにします。

横浜沖まではゆっくり走って40分程、ポイントはベイブリッジとツバサ橋近くで船は減速。僚船が竿を出している近くで投入の合図が出されました。準備ができた人から順番に投入、水深は20mでしばらくすると何人かの竿が曲がり本命登場。どれも25cmに近い良型ばかり。


私の竿にも「ガタガタ」とアタリ。食い込みを待って合わせ電動のスイッチを入れると、LTのヒラメ竿は大きく曲がり時々「ギュンギュン」と強烈に引きます。25cmの良型で次に来たのも同型、横浜沖は良型揃いで10cm級の型は殆ど釣れません。大ドモの同乗者は快調に良型のイシモチを掛けています。私と言えばアタリも少なく、好調のメンバーにも置いて行かれる始末。そこで好調の釣り人を見ると、ステイトの長さが短くハリスは長い、そこで20cmだったステイトを5cmにし、ハリスを40cmとしました。すると今まで以上にアタリが出だして、嬉しいことにバケツの中の魚は増えていきます。

アタリがなくなると潮回りの繰り返しでしたが、流しを変えるとバタバタと釣れ一荷釣りや、私には27cmの良型が心地よい引きを見せてくれました。




横浜沖は外道のアタリも多く、アジやシロギスが竿を震わせます。アジも大きいものは30cm近く、私の釣ったシロギスは23cmありましたよ。

イシモチは群れで移動しているので、一人にアタリがくると船中でバタバタと釣れます。同時にアジも釣れるので一緒に回遊しているでしょうか? 良型のイシモチは飽きない程度に釣れ、34cmそして超大型36cmも顔を出しましたが、13時半に後ろ髪引かれる思いで納竿時間を迎えました。船中の釣果は、17~36cmが16~42尾。私は17~27cmが42尾に18~25cmアジ5尾、18~23cmシロギス2尾で大満足。

イシモチは釣れたら直ぐにエラ下を切って締めます。下処理をして置くと臭みがなくなり美味しく食べられます。我が家では三枚に下ろしてフライにするのが大好評です。横浜沖のイシモチはその後も好調に釣れています。水深も浅く良型揃いで魚影も濃いので、かなり楽しめそうです。今がチャンスですよ。

[当日のタックル]
竿  :VARIVAS SEASTAGE LTヒラメ 220-73
リール:シマノ フォースマスター 400
道糸 :VARIVAS 小船マスターPE LS4 1.5号 200m
幹糸 :VARIVAS ハードトップ 船ハリス 4号
ハリス:VARIVAS ハードトップ 船ハリス 2.5号 25~30cm
ハリ :カサゴ 13号・ネムリセイゴ 14号
接続具:ヤマシタ YHビーズ Sサイズ 5連サルカン 2号
オモリ:30号
その他:VARIVAS PEにシュッ! プロ仕様
    VARIVAS ドライアーマー コンビネーションウインターレインスーツ VARS-07
    VARIVAS フリース
    VARIVAS ピンオンリール
    VARIVAS 千鳥型ワークキャップ
    VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
    VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ VAL-11
    VARIVAS ストレッチフィットローブ5 VAG-08
    VARIVAS ヒップガード VAHG-02

[船宿]
内房 富津港 浜新丸
Tel.0439-87-4967

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ