船 フィールドレポート

高活性のタチウオ

東京湾のタチウオ釣りが最盛期を迎えています。観音崎から走水沖の40~80mで、メートル級が混じってトップは30本前後と安定しています。10月になって群れが固まったのか入れ食い状態で60本超えの朗報が。そこで急遽10月3日に富津港の浜新丸へ向かったレポートです。

当日の予報は雨、時々激しく降り雷も。この天気を敬遠したのか、好釣果でも釣人は少なく集合の5時半には4名。右舷3名左舷2名で出船。濱名良男船長が舵を握り、私は左舷ミヨシへ座り道具の準備をします。竿は専用竿に小型電動リール、道糸は超感度で差がつく小船マスターPE LS4。道糸にはラインへの水の浸透、汚れを防止する「PEにシュッ! プロ仕様」を、中型テンビンにハリスはグリーン系の色が魚に見えにくいハードトップ船ハリス。タチウオ専用バリにオモリは60号を使用しました。ハリのチモトはタチウオの歯に切られないよう網付け処理をしました。

ポイントの観音崎までの航程は20分程で、ポイント到着までエサのコノシロの端を真っ直ぐになるように切っておきます。エサがクルクル回ってしまうと、タチウオは全くエサを追いません。

ポイントに到着すると船長は反応を探します。反応は直ぐに見つかり「60~40mを探って」と投入合図。前記したようにエサは真っ直ぐにつけて60~40mの間を細かなピッチで誘います。

早々に右舷胴間で竿を出していた弟船長の竿が大きく曲がります。55mでヒットしたようです。50cm刻みで小さく誘い上げていた私の竿にも53mでアタリ。そのまま誘い続けるとハリ掛かりして80cmを、右舷ミヨシの釣り人も竿を曲げ船中で次々とタチウオが取り込まれます。

前日も活性が高かったと聞きましたが当日も高く、一度目のアタリを掛け損じてもエサがある限り何度でも追ってきました。スー・「ゴツン」・スー・「ゴツン」・スー・「ゴツゴツ」・ギューンと掛かるパターンです。圧巻は7時頃で、エサを付けて50m前後を誘えばもう入れ食い状態。手返し良く釣ったので8連荘などもありました。型は指2本の小型から4本の大型まで、この日は残念ながらメートル超えは出ませんでしたが中型中心に釣れました。途中で僚船が集まりだして食いが落ちると思いましたが、食いは変わらず他船も入れ食い状態。


12時頃になるとさすがに食いは落ちポツポツ状態になって、納竿を迎えました。船中の釣果は65~96cmが何と30~70本。5名で30、32、40、58、70本の驚異の釣果となりました。58本釣り上げた釣り人も「こんな釣れたのは初めて、今日はエサの追いが違いましたね」と笑顔で話してくれました。

私の釣果は65~90cmが70本でクーラーは満杯状態で、天気予報も外れ雨も少なく帰りには太陽も出て超大満足。


僚船も同様な釣果で魚影の濃さを実感した釣行でした。2日後には釣果は落ち着きましたが、東京湾のタチウオは魚影も濃くこれから冬になると大型化します。今後も目が離せないターゲットです。

[タックルデータ]
竿  :195 タチウオ用ロッド
リール:シマノ フォースマスター 400
道糸 :VARIVAS 小船マスターPE LS4 1.5号 200m
天秤 :ヤマシタ 船テンビンK型 25cm
ハリス:VARIVAS ハードトップ船ハリス 8号 2m
仕掛け:ヤマシタ ライトタチウオ仕掛け
ハリ :ヤマシタ タチウオ針ワームフック 2/0他
オモリ:60・80号(当日は60号を使用)
その他:PEにシュッ![プロ仕様]
    VARIVAS ピンオンリール
    VARIVAS ハーフメッシュキャップ VAC-49
    VARIVAS ドライシルキーポロシャツ VAT-36
    VARIVAS キャップストラップ VAAC-17
    VARIVAS ライフジャケット ポーチタイプ VAL-11
    VARIVAS メッシュグローブ5 VAG-11
    VARIVAS ヒップガード VAHG-02
    八洲電業 Fishing CUBE 15V 5Aバッテリー
    ヤマシタ 竿やすめ 船2

[船宿]
内房 富津港 浜新丸
Tel. 0439-87-4967

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ