船 フィールドレポート

数は釣ったけれど・・・湾タチたらればリポート!!

大阪湾タチウオ、湾タチ。昨年は9月に入って喰いが落ちたけれど、今シーズンは好調が続いている。しかし、サイズが小さいというか、細い。指3~4本がレギュラーとなり、80~90cmがよく喰いつく。数が上がるのはベイトが多いのか、水温の乱降下が少ないのか。ただやはり大潮になると釣果にも陰りがでる。速い潮流で海底の泥が巻き上げられ、濁りがひどくなるからだろう。

9月29日、長潮。タチウオには最適。兵庫県 舞子の大ちゃん丸へ。クジを引いて、3番。この日は10人満船で1番クジから順番に乗り込んでいく。自分は左舷3番の胴の間を確保。本来なら潮アタリのよい船の四隅が取れるクジ番だが、前日のトップが32匹。喰いは今日も活発なはず。動きにくい場所より誘いやすい席を優先した。6時に河岸払い。ポイントの須磨沖へ、40分ほど。

40号テンヤにイワシを括り付け、ラインは「VARIVAS アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE」の2号。船長の合図。水深は90m。底取り後2~3m巻いたところでゴツゴツっと激しい喰い。即アワセでお約束通り指3本サイズ。続けてゴツゴツ、指3本。アタリは予想通り活発で底から20mくらい上まで追ってくる。座る場所や潮アタリ云々は関係ないような喰い方。

船内でも好調に上がり、やがて8時30分から9時。ここまでで13~14匹。そして、このころから少し喰いが落ちてきた。上潮が速くなって、二枚潮。二枚潮になるとタナが低くなるはず。底から5~10mを中心に探るが、反応はポツポツ。掛けたはずが途中でバラシ。そんなことが何度かあって、でも、右隣の方は順調にアタリが出てハイペースで釣り上げている。

サイズはやはり指3本サイズ。タナは上層のようなので自分も上層探り。しかし、アタリが出ない。底を探るとポツポツと反応があるがペースが悪い。で、上を狙ったり、底へ戻したり。いわゆるタナボケ状態。

船が大きく移動して、水深が80m。こういう時の移動はありがたい。気分一新。底から探りだすと、70mでゴツン。即アワセ。ギュンギュン引きを楽しんで、この日初のメーター超え。

次は65mでコツ。その次は60mで。次も60mで。よし、タナ決め。65~60m幅をリーリングしながらのシャクリで誘うとゴンゴン、ギュンギュンと喰いついてくる。

結果、この日の釣果は32匹。


サイズは指3~4本が圧倒的に多いのが残念だが、中盤のタナボケ状態がなければ40匹くらい釣っていたかも、、、、、、、、って、すみません、たらればの湾タチリポートになってしまいました。

< 船 一覧に戻る >

< 一覧に戻る >

ページトップ