船 フィールドレポート

ノマセ釣りでアコウ、ひょっとしたらヒラメも -京都府 宮津養老港発-

京都府宮津、経ヶ岬沖から冠島周辺のアコウ(和名・キジハタ)釣り。春先のエサはカタクチイワシ。初夏まではそれを使い、夏場の梅雨入りくらいから子サバに変わる。だが、釣れるサイズは近年いくらか釣り荒れ気味。40cmクラスを期待するも裏切られることが多い。しかし、マハタやヒラメなどの高級外道も掛かるので、例年欠かしたことのない釣りのひとつ。

6月29日。この日は宮津養老漁港を基地にしている新幸丸へ。午前4時30分。港に停泊している新幸丸の釣り座には、すでにいくつかの竿が立ててある。運良く左舷トモが空いていたので、1番に同行者の山本さん、2番に南村。船は流し釣り。トモとミヨシ、どちらが潮アタリになるのか。風がなければ操船によって潮アタリを替えてくれるかも。

仕掛けは胴突き2本バリ。ハリスは枝、幹ともVARIVAS ハードトップ 船ハリス 6号。ハリは丸セイゴ17号。日によってはエサの大きさが変わるので、魚の大きさに合わせたサイズのハリを用意しておく。ハリスもギリギリ細くして、4号程度にすることもある。エサとなる子サバへの負担を軽くして、元気に泳いでくれないとアコウや高級外道は釣れない。ラインはアバニ ジギング10×10 マックスパワーPE 3号。オモリは50号。

ということで、午前5時過ぎに沖の定置網でエサを仕入れた船長が帰ってきた。

この日のエサのサイズは11~13cm。事前の情報と同じなので、先に挙げた仕掛けを使った。

流すポイントは福井県の小浜沖。ちょっと遠出だが、大型のアコウが産卵のため浅場に寄ってくる時期なので、それを狙い撃ち。最初のポイントは水深30m。トモの山本さんにいきなりアコウ。南村にも反応はあるが、なぜかハリに掛からない。回収したエサの子サバに傷跡が残るだけ。

釣り方はオモリが底に着いたらゆっくり巻き上げ、3mくらい底を切る。底に着けたままだとガシラが飛びつく。アコウは浮いていることが多いので、居喰いをさせないように仕掛けを誘い上げるのが要領。

ようやくこの日の3匹目に30cmサイズのアコウがきた。だが、思ったよりアタリは少ない。山本さんも朝一以後は苦戦の様子。お昼前ごろから曇り空が晴れに変わり、汗が額を伝わる。時折、小さなアタリでアコウ。いきなりの喰い込みで、おぉ、38cmのアコウ。この日の最長寸。

そして、根の粗い場所で根掛かり…「しまった」と思い竿を煽ると、グイグイと魚の反応。そのままゆっくり巻き上げるといきなり竿先が持ち込まれた。アコウ? えっ、違う? 海面に浮いたのはヒラメ。山本さんのタモ入れが決まって、63cm。

そして、最終ポイント。無風。潮アタリはトモから。ここで山本さんが凄技を発揮。ヒラメの2連続掛け。サイズは45cmと50cm。

南村は35cmのアコウを追加して2時前に竿仕舞い。釣果は山本さんがアコウ8匹とヒラメ2匹。南村もアコウ8匹とヒラメ1匹。ヒラメがきたら嬉しいね、などと話していた通りとなり、2人ともご満悦の1日でありました。

ページトップ