船 フィールドレポート

タイラバは着底後すぐが勝負か -和歌山県加太周辺-

仕掛け(タイラバ)を巻き上げるだけでタイが釣れる…なんて誘われて1年ほど前からやり始めたタイラバ。でも、巻くだけで釣れるなんてのは甘い誘い言葉。実際は奥が深い。タイラバを巻く速さ。スカートやネクタイの色や形状、ハリのサイズ、ワーム類の選択…あれもこれもというわけで、そのゲーム的面白さの深みにはまってしまった。

6月6日、大阪府淡輪の白墨丸へ。この日は5人。港を4時30分過ぎに出て、友ヶ島方向に船が加速。船の後方デッキで仕掛けをセットしていると、大阪方面からお日さんがオレンジ色に輝いてきた。

4号リーダーにシンカーやネクタイなどをセットし、ラインはVARIVAS アバニ ジギング パワーブレイドPE ×8の0.8号。最初のポイントは友ヶ島の北側で朝まずめの一発大物狙い。水深が60m。ネクタイなどのチューニングは赤のカーリーに黒のイカタコカーリー、ハリには赤の鯛コーム。ボリュームアップして70cm、80cmの大ダイ狙い。しかし、2回ほどショートバイトがあっただけ。

船が友ヶ島の湾内へ入って浅場の流し。ネクタイをオレンジに。そして中クラスのタイ狙いなのでタイラバのボリュームを落とし、細手のカーリーにチェンジ。しかし流しを続けたが不発。船は再び友ヶ島の北側へ。水深が70m。タイラバのチューニングは朝と同じに戻して…って、実はこれ、自分の勝負チューニングで大物狙い。以前に70cmを掛けたこともある。

果たして、今日は…リールのクラッチをフリーに。シンカーが海底に着いてリールを5~6回巻いたとき、ゴツゴツ、ゴツン。今日の1匹目。外れるなよ、外れるなよ…ドキドキ不安とワクワク昂揚感が入り交じって45cmクラスのマダイ。続けて30cmクラス。これも仕掛けの着底後すぐに来た。


まだ10回くらいしかタイラバに出かけていないけれど、アタリの出るタイミングは着底後すぐが多い。これってマダイがタイラバを海底まで追いかけてるのかな。ネクタイなど擬餌が反転したタイミングで食いつくのかな。いずれにしても、そのタイミングが勝負の分かれ目かも。ならばその機会を増やす作戦を引き出しに入れておかなければ…

と、いうことで後半から終盤にかけて再び湾内の浅場を流し、船内ではポツポツと拾い釣りして竿仕舞い。全体ではマダイを8匹とヘダイが1匹。自分は終盤にチャリコが2匹きたけれどリリース。釣果としては30cmと45cmクラスの2匹。まだまだ覚えることの多いタイラバでありました。

ページトップ